サポートチケットを作成する
フォローする

Q100307:入力エディタのビューについて

概要

この記事では、Modoの入力エディタで利用できるさまざまなビューについて説明します。

詳しくは

デフォルトのキーボードショートカットを編集したり、新しいショートカットを追加したりすることができます。これは、 システムメニューの下にあるModo内の入力エディタを使用して作成できます。

図1 :入力エディタ

入力エディタには、ショートカットのパラメータをフィルタするのに役立つように設計されたいくつかのビューがあります。以下は各ビューの説明です。

コンテキスト:このビューでは、ショートカットにアクセスできるModo内のコンテキストを指定できます。このビューのオプションには、ショートカットをアイテムモードまたはコンポーネントモードに制限したり、特定のレイアウトに制限することが含まれます。

このオプション(コンテキストなし)はショートカットをコンテキストなしで適用し、モードまたはレイアウトのどちらでも使用できるようにします。ただし、入力にコンテキストが適用された別のコマンドが設定されている場合は、これがコンテキストレスコマンドよりも優先されます。

図2コンテキストビューで利用可能なオプション

編集モード:このビューには、特定の入力にアクセスするためのいくつかのフィルタがあります。フィルタは次のとおりです。

キーボードショートカット:このフィルタは現在のショートカットをすべて一覧表示します。 [トリガー]列のドロップダウンメニューを展開すると、この入力にコマンドが設定されている特定のビューポートパラメータを確認できます。

ビューポート:このフィルタは、Modoの特定のビューポートに特有の現在のショートカットすべてを見ることを可能にします。たとえば、回路図ビューポート、グラフエディタなどです。

ツール:このフィルタを使用すると、エアブラシ、ミラー、エッジベベルなどの特定のモデリングツール、ペイントツール、スカルプトツールを表示できます。

図3編集モードビューで利用可能なオプション

表示モード:このビューでは、入力エディタから受け取る結果の種類を設定できます。このビューには3つのオプションがあります。

マウスとキーボード:このフィルタはマウスとキー入力による入力結果をリストします。

Commands:このフィルタは、入力結果を 'Modeling'、 'Render'、 'Items'などの関連セクションにグループ化して一覧表示します。このフィルタはキーボードショートカット編集モードで最も効果的に機能します。

注:現在のところ、[グループ別のカテゴリ]コマンドのみが結果を生成します。

アクション:このフィルタは、編集モードで定義されたツールまたはビューポートに固有の、現在設定されているアクションを一覧表示します。キーボードショートカット編集モードではアクセスできません。

図4ビューモードビューで利用可能なオプション

修飾子:修飾子パラメータはビューの列の上にあり、キーボードショートカット編集モードとキーボードビューモードを使用しているときに表示されます 。このパラメータを使用すると、リストされている入力を修飾キーですばやくフィルタできます。

図5 : 'Alt'修飾子を選択すると、Alt修飾キーを使用するコマンドに結果が絞り込まれます

マップされていないキーを表示:このオプションはビューパラメータの右側にあります。このオプションをオンにすると、アクティブなコマンドやアクションが割り当てられていなくても、すべてのマウスとキーの組み合わせがビューの結果に表示されます。

図6マップされていないキー表示オプション

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント