サポートチケットを作成する
フォローする

Q100394:一時ライセンスの警告ウィンドウで[起動]をクリックすると Mari 4.0がクラッシュする

症状

WindowsでMari 4.0v1、4.0v2、または4.0v3を起動し、残り15日以内の一時ライセンスを実行すると、ライセンスの残り日数がX日であるという警告メッセージが表示されます。それからMariを動かすために「Launch」をクリックするとそれはクラッシュするでしょう。

原因

解決

このバグにはいくつかの回避策があります。

詳細モードでMariを起動します。
次のショートカットを使用して、Mariを詳細モードで起動できます。

「スタート」>「すべてのプログラム」>「The Foundry」>「 Mari 4.0v1」>「 Mari 4.0v1」(詳細出力)

コマンドプロンプトからMariを起動します。
次のコマンドを実行して、コマンドプロンプトからMariを起動できます。

C:¥Program Files¥Mari4.0v3¥Bundle¥bin¥Mari4.0v3.exe

デフォルトのMariショートカットを変更する:
Mariショートカットの[実行]動作を変更することで、クラッシュを回避できます。

[ショートカット]> [プロパティ]> [実行]を右クリックし、[通常ウィンドウ]を設定します。


ライセンスの有効期限警告を無効にするように環境変数を設定します。
次の環境変数を設定することで、Mari(および他のFoundryプログラム)がライセンスの有効期限がすぐに切れることを警告するのを防ぐことができます。

FN_DISABLE_LICENSE_DIALOG = 1

環境変数を設定する方法については、次の記事を参照してください。Q100015:環境変数を設定する方法

参考文献

WindowsでMariを起動するさまざまな方法の詳細については、 Mariオンラインヘルプガイドを参照してください。

環境変数を設定して一時ライセンスの無効化の警告メッセージを無効にする方法については、次の記事を参照してください。
Q100029:一時ライセンス警告

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント