サポートチケットを作成する
フォローする

Q100438:Flix 5用のVPNビルドを作成する

概要

アーティストは、特別なVPN /リモートFlixビルドを実行することによって、自宅または離れた場所からFlixを使用できます。この記事では、そのようなビルドを作成する方法について説明します。

詳しくは

VPNユーザー用にFlix 5セットアップを作成したい場合は、サポートポータルからサポートチケットを発行して予約をスケジュールすることをお勧めします。サポートチケットを開く方法の詳細については、 Q100064:サポートチケットの引き上げ方法の記事を参照してください。

Flix VPNを自分で構築したい場合は、以下の手順に従ってください。

1. flixというディレクトリを(好きな場所に)作成し、そこにflix Appディレクトリをコピーします。この新しい場所をFlix VPNビルドのように動作させるには、ファイルをいくつか変更する必要があります。

2.この新しい場所でファイルを見つけます。

flix /flixApp/flixConfig/remote/localProcConfig.py

ファイル内で、ファイルサービスを除くすべてのprocを127.0.0.1を指すように変更します(これらはあなたのFlixファイルサーバーを指す必要があります)。また、ポート35909で再同期サービスの設定があることを確認してください。

3. FlixにFlixファイルがどこにインストールされているかを知らせる設定ファイルを更新する必要があります。 Windowsの場合はC:\ flix 、OSXの場合は/ Applications / flixをお勧めします。(Darwin)更新が必要な設定ファイルは次のとおりです。

flix /flixApp/flixConfig/context/localContext.py

上記のlocalContext.pyファイルに以下の行を追加します。

self.fileService = 'flix.fileServices.fileMerge.FileMerge'

4. OS XのFlixがインストールされているパスを次の場所に更新します。

flix /flixApp/apps/osx/Flix_Variables.yml

そしてWindowsでは:

flix /flixApp/apps/windows/Flix_Variables.yml

また、以下のNukeライセンスサーバー変数が上記の2つの.ymlファイル内で正しく設定されていることを確認してください。

 FOUNDRY
foundry _LICENSE:
RLM_LICENSE:

5.更新したばかりのFlix_Variables.ymlファイルへの正しいパスを持つようにFlix.ymlファイルを更新します(Flixを起動した場所と同じ場所にあります)。また、ここからすべてのFlixサービスを開始するように設定します。ポートは、あなたがからローカルで実行しているサービスを一致させる必要があるflix /flixApp/flixConfig/remote/localProcConfig.pyファイルを。 Flix .ymlのコマンドは次のようになります。

commands:

        - '--port 35900 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug'

        - '--port 35905 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug'

        - '--port 35909 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug --resync'

        - '--port 35910 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug'

        - '--port 35911 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug'

        - '--port 35912 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug'

        - '--port 35921 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --noBrowser --debug'

        - '--port 35980 --context "%(FLIX_RELEASE_CONTEXT)s" --debug'
>

6.(手順1で作成したディレクトリflix内に)flixAppと同じレベルに空のflixProjectsディレクトリとflixersディレクトリを作成します。

7.削除flix /flixApp/apps/linuxリモートあなたの綿毛のサーバに接続するLinuxを使用して芸術家を持っていますしない限り、ディレクトリを。これで1GB節約できます。

8. flixディレクトリを圧縮して、リモートのアーティストに渡します。 Flixを起動するには、アーティストは自分のVPN接続を開き、解凍したディレクトリからFlixを起動する必要があります。

これで終わりです。

スタジオでこの設定をテストすることもできます。手順8で作成したzipファイルを手順3で指定したディレクトリに解凍し、Flixがまだ実行されていないことを確認して、新しく作成したディレクトリからFlixを起動します。 Flixがオープンしたら

Flix Statusページ

すべてのサービス(ファイルを除く)が127.0.0.1でローカルに実行されていることを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント