サポートチケットを作成する
フォローする

Q100386:カタナ3のUSDサポート

概要

この記事では、KatanaでのUSDの現在の使用状況、およびUSD関連の問題に対するサポートの入手先について説明します。

詳しくは

Katanaの新しいViewerは、オープンソースのUniversal Scene Description(USD)プロジェクトの主要コンポーネントとしてPixar Animation Studiosで開発されたレンダリングアーキテクチャであるHydraを搭載しています。

Hydraテクノロジは、Katana 3.0で利用可能な新しいViewer(Hydra)タブのViewer APIの内部で使用されています。

しかし、Katanaには現在、USDで機能するためのツールは含まれていません。 USDファイルをKatanaにインポートするためのプラグインは、USDリポジトリの一部として入手できます。ここにあります。

https://github.com/PixarAnimationStudios/USD

このプラグインはUSD Pixarチームによって開発および管理されています。したがって、USDに関するヘルプを入手したり、KatanaでUSDノードを使用する際の問題を報告したりするには、 https:// graphicsに従って直接お問い合わせください。 pixar.com/usd/docs/Getting-Help-with-USD.html

それ以前は、AlembicやOpenEXRなどのオープンソースパイプラインツールの範囲における重要な進歩として、 FoundryはUSDを支持しています。現在USDサポートのあるツールは出荷していないため、現時点ではテクニカルサポートやUSDの使用法についてのアドバイスは提供できません。 USDがFoundryツールの一部として出荷されたら、ソフトウェアのUSD面についてのテクニカルサポートを提供します。

このトピックに関してさらに質問がある場合は、こちらの情報に従ってサポートチケットを開いてください。Q100064:サポートチケットの引き上げ方法

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント