サポートチケットを作成する
フォローする

Q100375:ログインベースのライセンスで "Invalid UMSID"エラーを修正する方法

症状

ログインベースのライセンスをアクティベートしようとすると、下のスクリーンショットに示すように、「Invalid UMSID」というエラーメッセージが表示されることがあります。

Capture__2_.PNG

原因

UMSIDは、ログインベースのライセンスWebサイトがお客様のマシンを識別するために使用する一意の識別子です。 UMSIDは、ホスト名、IPアドレス、システムIDなど、マシンに関するいくつかの情報に依存します。

アクティブ化されたマシンがログインベースのライセンスWebサイトに再度チェックインすると、Webサイトはライセンス要求のUMSIDが現在アクティブ化されているデバイス用に保存されているものと一致することを確認します。あなたのマシンのUMSIDが何らかの理由で変更された場合(これは何らかのネットワークやハードウェアの変更で発生する可能性があります)、そのマシンは無効であるように見え、上記のエラーが表示されます。

解決

この問題を解決するには、次の手順を実行してマシンのライセンスを再度アクティブにします。

  1. まず最初に、以下の手順に従ってあなたの資格が登録されているすべてのデバイスを無効にしてください。
    Q100284:ModoサブスクリプションまたはModo with Maintenanceライセンスを無効にする方法

  2. 次に、あなたのホームエリアのFoundryLicensingディレクトリの内容を削除します。デフォルトの場所は次のとおりです。

    Windows C:\ Users \ <ユーザー名> \ FoundryLicensing \
    OSX:/ Users / <ユーザー名> / FoundLicensing /
    Linux:/ Users / <ユーザー名> / FoundLicensing /

    (<USERNAME>はログイン名です)

  3. 次の手順に従って、ログインベースのライセンスを再有効化してください。
    Q100283:ログインベースまたはサブスクリプションライセンスをアクティベートする方法

上記の手順を実行してもプログラムを起動してアクティブ化できない場合は、サポートチケットを開いて、発生している問題とこれまでに実行したトラブルシューティングの手順をお知らせください。

サポートチケットを開く方法の詳細については、 Q100064:サポートポータルの使い方の記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント