サポートチケットを作成する
フォローする

Q100432:「アサーション失敗」というエラーメッセージで Nuke クラッシュする

症状

Windows 7および10上のNukeで、一見するとランダムなクラッシュがいくつかのユーザーから報告されています。端末に次のようなエラーメッセージが表示されます。
Assertion failed: Address already in use (..\..\..\src\signaler.cpp:310)
クラッシュは、Nukeの通常の使用中にユーザーの意図的な操作なしに発生します。この問題はWindows 7と10の両方で内部的に再現されています。

原因

このクラッシュは、NukeとWindowsの特定のビルドとの間の互換性の問題が原因であると思われます。これは、内部テストの結果、Windows 10用のOSビルド17134.165のようです。

解決

内部的には、最新のWindowsアップデートをインストールすることでこの問題を解決できました。これは、最新のアップデートをインストールした後にクラッシュしなくなったユーザーからのレポートでサポートされています。

Windowsの更新プログラムを手動でスキャンしてインストールする方法については、 MicrosoftのWebサイトにあるこのページを参照してください

参考文献

最新のWindowsアップデートをインストールしても問題が解決しない場合は、サポートチケットを開き、使用しているNukeの正確なバージョンと正確なWindowsのビルド、およびこれまでに行ったトラブルシューティングの手順をお知らせください。

現在のWindowsビルドを確認するには、Windowsキー+ Rを押して、 表示されるダイアログボックスにwinverと入力します。次のようなウィンドウが表示されます。

サポートチケットを開く方法の詳細については、 Q100064:サポートチケットの引き上げ方法の記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
7人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント