サポートチケットを作成する
フォローする

Q100366:診断ファイルを保存するとWindows 10で Foundry License Utility(FLU)7.3v1がクラッシュしました - FLU 7.3v2で修正済み

症状

診断ファイルを保存すると、Windows 10でFoundry License Utility(FLU)のバージョン7.3v1がクラッシュするか、診断ファイルが空になります。 Windows 7または他のプラットフォームで診断ファイルを保存するときにクラッシュしません。

このバグはFLU 7.3v2で修正されています

この問題は、Foundry License Utilityの最新リリース7.3v2で修正されています。https: //www.foundry.com/licensingからダウンロードできます。

対策

FLU 7.3v2をダウンロードできない場合は、この問題に対するいくつかの回避策があります。
コマンドプロンプトでからFLUを実行します。

-d引数を指定してコマンドプロンプトでFoundry License Utilityを実行すると、診断ファイルを生成して保存できます。コマンドプロンプトを開き、FLUを保存した場所に移動して次のコマンドを実行します。

FLU_7.3v1_win-x86-release-64.exe -d

ライセンス診断ファイルを保存するように指示されたら、デフォルトのファイル名で保存するために "Y"を入力してください。
あるいは、-fと指定のファイル名を追加することで、FLUに指定のファイル名に診断を書き出させることができます。

FLU_7.3v1_win-x86-release-64.exe -d -f diagnosticFile.log


診断情報を手動でコピーして貼り付ける
通常どおりに診断情報を生成します。
  1. FLUを右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  2. Diagnosticタブに行き、「Run Diagnostics」をクリックしてください。
[保存]をクリックする代わりに、診断ウィンドウをクリックしてCtrl + A、Ctrl + Cを押して情報をコピーします。それをプレーンテキストファイルとして保存し、サポートチケットを作成するときに添付ファイルとして送信してください。

参考文献

診断ファイルの生成とサポートへの送信方法の詳細については、 Q100105:ライセンス問題の診断を参照してください

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
5人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント