サポートチケットを作成する

Q100146:ライセンスが利用可能になるべきときに Nuke ライセンスが拒否されました

概要

Nuke、NukeX、Nuke Studioのいずれかまたは両方のフローティングライセンスがあり、ライセンスサーバーからチェックアウトされているライセンスの使用状況を監視しています。ユーザーが製品の1つを実行しようとしたときに、すべてのライセンスが使用中であるというメッセージが表示されて拒否されることがありますが、ライセンスは使用可能であるべきだと思います。何を確認しますか?

詳しくは

Nuke製品がどのようにライセンスを取得するのかを知っておく必要があります。あなたは、集団(すなわち、トークン)ライセンスと通常のライセンスを混在させることの効果に注意するべきです。そして、サーバーの使用可能ライセンスと使用中ライセンスのプールにどのライセンスがあるのかを確認する必要があります。

1。
Nuke / NukeX / Nuke Studioスイートは、起動するモードに応じて1、2、または3のライセンスを消費します。

Nukeはnuke_iが1つ必要です。
NukeXはnuke_iとnukex_iが1つずつ必要です
Nuke Studioは1つのnuke_iと1つのnukex_iと1つのnukestudio_iが必要です

2。
単一の集合ライセンスで実行できる製品のセットが広がりますが、マシンが集合セットから製品ライセンスを取得すると、そのセット全体が実質的にそのクライアント用に予約され、そのクライアントはそれらすべてを使用できます。その単一の集合セット内のすべての製品ライセンスが使用されなくなるまで、他のクライアントはその集合から製品ライセンスを使用することはできません。 2つの集合ライセンスを所有している場合は、2台のマシンでセットを作成できますが、それでも予約ルールが適用されます。一括ライセンスは、「foundry_production_i」を含む1つのブロックで始まり、その後に「token_locked」を含む製品ライセンスが続きます。

3。
上記の1と2を考えると、ライセンスサーバーのフローティングライセンスファイルを一番下にある集合体とその上にある通常のNukeライセンスで構成することが可能であり、一般的にお勧めです。これは、通常のNukeライセンスが別に入手可能であったときに、nuke_iを取っている誰かが集団のmari_iまたはmodo_iを拘束しないようにするためです。もう1つ注意すべきことは、ユーザーがNukeXとNukeおよびNuke Studioのバリエーションを順番に引っ張っている場合、製品は最初の未割り当てライセンスを探します。私の唯一のnukestudio_iがコレクティブ内にある場合は、ファイル内のその上にある通常のライセンスからnuke_iとnukex_iを取り出すことができますが、私のライセンスマネージャがコレクティブからnukestudio_iを割り当てる必要があったため - 3つすべての製品ライセンスが含まれています。

4。
FLU診断を実行して「pool」という単語の後のセクションを見ると、サーバーのプールに入っているライセンスとそのライセンスを持っているユーザーがわかります。また、診断ファイル内にサーバーのイベントログ「foundry.lic」を見つけることもできます。そこには、ライセンスファイルを読み取った時期と読み取ったライセンスファイルが表示されます。 FLU診断を受けるには:

ここにあるFoundry License Utility(FLU)を起動します。

Macの場合:
/アプリケーション/ TheFoundry / LicensingTools7.x /

Linuxの場合
/usr/local/foundry/LicensingTools7.x/

Windowsの場合
(Windowsでは、FLUを右クリックして「管理者として実行」を選択してFLUを起動します。
C:\ Program Files \ The Foundry \ LicensingTools7.x \
または
C:\ Program Files(x86)\ The Foundry \ LicensingTools7.x \


FLU上で:
「診断」をクリックしてから
次に「診断の実行」
出力をファイルとして「保存」するか、スクロールダウンしてFLUウィンドウから直接読み取ります。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント