サポートチケットを作成する
フォローする

Q100149:ミックス輝度スライダがリニアミックスではありません

概要

多くのお客様から、グレードノードミックスの輝度スライダがリニアミックスではない理由をお聞きしました。
これは、NukeのGradeノードにあるmix brightnessスライダの背後にある数学の説明です。

詳しくは

NukeのGradeノードのmix_luminance計算は、
最初にRGB値をデジタル化することによって達成される
YPbPr、ITU-Rに詳述されている変換式を使用
BT.709、これは非線形ガンマ符号化を含む。の
混合輝度はmix_luminanceを線形にして得られます。
色補正と非色補正の比率
ルミナンス値、そして最後にRGBに変換し直します。

この例では、RGB値が(0.5、0.5、
0.5)、色補正されていない輝度は以下のようになる。
色補正された輝度は0.694で、
0.524。ブレンドされた輝度は0.5 * 0.694 +(1 -
0.5)* 0.524 = 0.609。これをRGB値に戻す
それからおよそ(0.362、0.362、0.362)を与える。

このサンプルスクリプトでは、Gradeノードと
2つの定数を直接分解します。
に対してではなく、RGB値に対して行われる
輝度これが、結果が異なる理由です。
輝度変換は非線形です。

このサンプルスクリプトをNukeに貼り付けると、値の違いがわかりやすくなります。

set cut_paste_input [スタック0]
バージョン10.0 v3
定数{
入力0
チャンネルrgb
カラー0.25
名前定数3
真選択
XPos 75
ypos -82
}
定数{
入力0
チャンネルrgb
カラー0.5
名前定数2
真選択
xpos -16
ypos -80
}
溶かす{
入力2
チャンネルrgb
どれ0.5
名前溶解1
真選択
XPos 25
ypos 27
}
定数{
入力0
チャンネルrgb
色{0.5 0.5 0.5 0}
名前定数1
真選択
xpos -179
ypos -81
}
グレード{
ホワイト0.5
mix_luminance 0.5
グレード1
真選択
xpos -179
ypos -2
}

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント