サポートチケットを作成する
フォローする

Q100143:強制アップデートを使用してファイルをローカライズした後、 Nuke UIが更新されない

概要

現在エンジニアリングで記録されているUI更新の問題により、ローカライズされたファイルを強制的に更新しようとすると失敗する可能性があります。この記事では、更新結果を確認するための手順について説明します。

詳しくは

再生パフォーマンスを向上させるために、NukeStudioはbinファイルを個別にまたは自動的にローカライズされたフォルダを設定することによってローカルにキャッシュする機能を提供します。

Bin ViewのクリップまたはNode GraphのReadノードの上にあるオレンジ色のフルロードバーは、クリップがユーザーのマシン上の一時的な場所に完全にローカライズされていることを示します。

クリップの更新を強制しようとすると、読み込みバーとサムネイルにUIの更新が表示されないため、何も起こらないように見えます。ただし、ほとんどの場合、ローカライズされたファイルは舞台裏で更新されますが、更新はサムネイルとビューアには反映されません。

確認する方法

ローカライズされたファイルに対する更新が正しく行われているかどうかを確認するには、次の手順に従います。

  1. ローカライズされたファイルが保存されているディレクトリに移動します。あなたはあなたのNUKE_TEMP_DIRの完全なフォルダーパスを見ることができます

    • Shift + Sを押すか、編集>設定を選択して設定を開きます。
    • それからPerformance> Localizationに行き、そして
    • [ローカライズ]テキストフィールドの末尾にあるフォルダアイコンをクリックします。

      NUKE_TEMP_DIRの中にはデフォルトで "auto-localize from"ディレクトリに対応するフォルダパスがあります。これは現在のプロジェクトのローカライズファイルが保存されている場所です。

  2. 強制的に更新したいクリップを選択して、Cacheメインメニューに行き、Localization> Force Update> SelectedまたはAllの順に選択します。
  3. ローカライズされたファイルが更新されたことを確認してください。ローディングバーが移動せず、サムネイルとビューアが更新されないため、これはGUIでは明らかではありません。
  4. サムネイルを最新バージョンに更新する
    • NukeStudio :プロジェクトビンのクリップを右クリックして、[クリップ] - [クリップの更新]を選択します。これでサムネイルが最新バージョンに更新されます。更新されたファイルがビューアに表示される前に再生キャッシュをクリアする必要があるかもしれません。これを行うには、「キャッシュ」>「再生キャッシュを消去」の順に選択します。それからあなたの視聴者の演劇ボタンを押しなさいそしてそれはまたローカライズされたファイルの最新バージョンに更新するべきである。
    • Nuke / NukeX :[キャッシュ]> [すべてクリア]に移動します。それからあなたの視聴者の再生ボタンを押すと、それはローカライズされたファイルの最新版に更新するはずです。

次のステップ

この記事に記載されている手順を実行しても問題が解決しない場合は、サポートチケットを開いて、発生している問題とこれまでに実行したトラブルシューティングの手順をお知らせください。

サポートチケットを開く方法の詳細については、 Q100064:サポートポータルの使い方の記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント