サポートチケットを作成する
フォローする

Q100252:フレームサーバーの設定を自動化する

概要

Frame Serverの設定は長いPythonコマンドを実行する必要があるので面倒ですが、基本的なbashスクリプトを使ってこれを最適化する簡単な方法がいくつかあります。この記事ではその方法について説明します。

詳しくは

Frame Serverのスレーブは、ターミナルまたはコマンドプロンプトから実行される長いPythonコマンドを介して初期化できます。 Pythonコマンドについての詳細は、Nukeオンラインヘルプフレームサーバーのセクションにあります。

スレーブの初期化を簡単にするための最善の方法はbashスクリプトを書くことです。パイプラインの複雑さに応じて、これは単純なエイリアスから専用のUIを備えたカスタムツールまであります。

使用例

(マスター名などの)置換値の詳細は、シェル環境によって異なり、この記事に添付されているので、次の形式でFrame Serverを実行できるようにする非常に単純な.batファイルを見つけることができます。

C:\ path \ to \ file \ test_FS.bat SERVER_NAME_OR_IP

.batファイル自体は、デフォルトのスレーブ(つまり、ワーカー数、スレッド数、メモリ、Nukeバージョンなど)に対する好みに合わせて調整できます。

その後、doskey(または別名)を作成することでこれをさらに簡単にすることができます。
Windowsでは、これは次のようになります。

doskey MakeSlave = C:\ path \ to \ file \ test_FS.bat $ *

:$ *は引数を渡すことを可能にするので重要です。この例ではマスター名です。

最後のコマンドは、コマンドプロンプトのどこからでも実行でき、次のようになります。

MakeSlave SERVER_NAME_OR_IP

Linuxではこれを.bashrcファイルに保存して永続的にすることができますが、Windowsでは別の方法で見つける必要があるかもしれません(起動するすべてのdoskeysを含む別の.batファイルを作成することも可能です)。 cmd.exeの各インスタンス)

Linuxでのこの機能の実装は、単純な.bashrc関数を使って実現できます。この記事に例が添付されています(それに応じてファイル名を変更する必要があります)。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント