サポートチケットを作成する
フォローする

Q100093:Windows上のQuickTimeセキュリティ

概要

この記事では、最近のAppleセキュリティアップデートと、それがNukeの使用状況にどのように影響するかを説明します。

詳しくは
最近Appleは潜在的なセキュリティホールのために彼らがもはやQuickTime for Windowsをサポートしていないと発表した、そしてユーザはWindowsマシン上のQuickTimeをアンインストールするように勧められている。詳しい情報は、 公式のApple Webサイトおよび米国国土安全保障省に 掲載されています。
セキュリティはお客様にとって最優先事項であり、WindowsにQuickTimeをインストールしたままにすると上記のアドバイスと利益相反が生じる可能性があることを認識しています。

Nuke 10.0v1以前のバージョンはQuickTimeライブラリに依存し続けているため、実行するにはこれをWindowsにインストールする必要があります。
Nuke 10.0v2では、この依存関係を排除したため、WindowsオペレーティングシステムにQuickTimeをインストールしなくても、NUKE、NUKEX、NUKE STUDIO、HIERO、およびHIEROPLAYERを実行できるようになります。
しかしNuke QuickTimeにQuickTimeネイティブの.movライブラリコーデックの全リストを使用するよう要求し続けており、残念ながら現在これらのコーデックを使用する必要がある場合に提供できる回避策はありません。
Nuke 10.0v2では、内部のmov64 Reader and Writeが、.movファイルの読み書きを継続するために使用できる.movコーデックのリストを公開するようになりました。ただし、このリストは、QuickTimeネイティブライブラリによって公開されている完全なリストに比べて制限されています。
たとえば、Nukeの内部.mov 64ビットライターは、QuickTimeライブラリに依存しないで、次のコーデックをサポートします。
このリストと比較すると、QuickTimeがインストールされている場合は、ネイティブのQuickTimeライブラリを使用して調達された.movコーデックリストは次のようになります(mov64 bit Writerリスト)。
注: Nukeプロジェクトに必要な.movコーデックとプロファイルによっては、スクリプトを正しく表示するためにQuickTime;ライブラリをインストールする必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント