サポートチケットを作成する
フォローする

Q100079:Mariアーカイブを共有するためのベストプラクティス

概要

多くの場合、アーティストは自分のプロジェクトを同僚やマネージャーと共有する必要があります。この記事では、Mariアーカイブを共有するための推奨される方法を説明し、いくつかのプラクティスが理想的でない理由を詳しく説明します。

詳しくは

ネットワーク環境で推奨されるワークフローは、ローカルで作業することです。
アーカイブを共有するには、主に2つの選択肢があります。

1)テクスチャとシェーダのエクスポートとインポートによるアセットの同期(またはバージョン管理)

3.0以前のバージョンでは、これは手動プロセスでしたが、Mari 3.0で導入されたSession Scriptsを使用すると、アーカイブのコンテンツをセッションとして簡単にエクスポートおよびインポートでき、ファイルのバージョン管理および交換に最も便利な方法です。

しかしながら、その機能を利用する前にMariオンラインヘルプで調べられるべきいくつかの制限がまだあることに注意してください。

2)マリのMRAファイルの形式でアーカイブを交換。

Mari mraファイルにはプロジェクト全体が含まれており、更新を交換する最も安全な方法です。ファイルサイズが原因でこれは時々不便である場合もあります。そのような場合は、オプション1を検討する価値があります。

ネットワークの問題や過負荷(たとえばクランチ時)が不可逆的なプロジェクトの破損を引き起こし、それが作業日数の損失につながる可能性があるため、cache / projectディレクトリをネットワーク上の場所に置かないことを特にお勧めします。


キーワード:共有、アーカイブ、テクスチャ、ネットワーク、セッションスクリプト

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント