サポートチケットを作成する
フォローする

Q100074: Nuke / NukeX / NukeStudioユーザートラブルシューティングガイド

概要

この記事では、問題を自己診断したり、潜在的な原因を絞り込むために実行できる特定の手順について説明します。
この記事に記載されている手順を実行しても問題が解決しない場合は、サポートチケットを開いて、発生している問題とこれまでに実行したトラブルシューティングの手順をお知らせください。
サポートチケットを開く方法の詳細については、「 サポートポータル使用 」の記事を参照してください。

初期ステップ

サポート技術情報の記事で既知の問題を確認してください。
まず、他の製品ナレッジベースの記事で既知の問題を確認することをお勧めします。あなたがあなたが見ている問題に関する記事を見ていないならば、それから以下をしてください:
 
セーフモードでNuke / NukeStudioを実行してカスタマイズ/サードパーティ製プラグインを分離する
セーフモードでNuke / NukeX / NukeStudioを起動すると、Nuke / NukeX / NukeStudioは一時的にカスタマイズやプラグインを無視し、問題がNukesのコア機能に関連するのか、それとも外部の問題に関連するのかを理解するのに役立ちます。 手順については、「 セーフモードでのNuke / NukeStudio起動 」の記事を参照してください。

代替フッテージ/デフォルト設定でテストする
元の複製の場合とは異なるフッテージ/設定でテストすると、問題が特定のフッテージまたは設定に限定されているかどうかを理解するのに役立ちます。
  • スクリプト内のフッテージをチェッカーボード(CheckerBoardノードを使用)または10ビットDPXファイルで置き換えて、問題が解決するかどうかを確認します。
  • 問題が1つの特定の変数設定に限定されているかどうかを確認するために、可能な限り別の設定を使用してみてください。つまり、mov32エンコーダでコーデックを使用して書き出すときに問題が発生した場合は、代わりにコーデックを変更してmov64でテストしてみてください。

NUKE
スクリプトファイルを単純化する
多くの場合、大きなスクリプトの問題は小さなノードの集まりに限定することができ、プロジェクトをこれらのノードに単純化することで、考えられる原因が何かについてのより良い洞察が得られます。
プロジェクトを単純化するために、以下のことをお勧めします。

1.多数の分岐ノードを削除する
2.スクリプトをテストして問題がまだ発生するかどうかを確認します。
  • もしそうなら:ステップ1を繰り返し、ノードネットワークのすべてのエリアからノードを削除し始めます
  • そうでない場合:ノードを削除する操作を元に戻して手順1を繰り返します。ただし、より少ない数のノードを選択します。
3.問題を再現できるようにしながらスクリプトをできる限り単純化するまで、手順1〜2を繰り返します。
NUKESTUDIO
プロジェクトファイルを単純化する
大規模プロジェクトでの問題は、クリップ/トラックの小さなコレクションに限定されることが多く、プロジェクトをこれらの要素に単純化すると、考えられる原因が何かについてのより良い洞察が得られます。
プロジェクトを単純化するために、以下のことをお勧めします。

1.一度にトラックを削除する
2.スクリプトをテストして問題がまだ発生するかどうかを確認します。
  • もしそうなら:ステップ1を繰り返します。1トラックまで行っても問題が解決しない場合は、トラック上のクリップ項目を使用してプロセスを繰り返すことをお勧めします。
  • そうでない場合:トラックを削除する操作を元に戻して手順1を繰り返しますが、別のトラックを選択するか、代わりにクリップアイテムの削除を開始します
3.問題がまだ確認できるようになるまでプロジェクトをできる限り単純化するまで、手順1〜2を繰り返します。
追加テスト
発生している問題の種類によっては、次のような提案がトラブルシューティングに役立つことがあります。これらのテスト結果をあなたが私たちに送ったサポートリクエストに含めることは私達の内部調査の間に非常に有用でしょう。

プロジェクトとフッテージをローカルドライブでテストする
問題がネットワークに関連している可能性を排除するために、ローカルドライブに保存されているすべてのファイルで問題を再現することを試みることをお勧めします。
例えば:
  • スロー再生ローカル映像を使用したり、すべてがローカライズされていることを確認したりすると、再生プロセスがスピードアップします。
  • ファーム上でスクリプトをレンダリングする。ファームを使用せずにローカルマシンでバッチモードでレンダリングしようとすると、問題がNukeまたはサードパーティ製のレンダーファームソフトウェアベンダーに関連しているかどうかが確認されます。
すべてのバックグラウンドプロセスを閉じて、メモリ使用量を確認しながらもう一度テストします。
Nukeを実行しているときにメモリ使用量が多いことに気付いたら、Nuke / NukeX / NukeStudioがマシンにどのような影響を与えるかを理解しておくとよいでしょう。メモリ消費量が多いことに注意してから、他のすべてのアプリケーションを閉じ、Nuke / NukeX / NukeStudioをもう一度テストして、以前のものと比べてマシンのメモリ使用量(CPU / RAM)を調べます。

パスに外来文字や珍しい記号が使用されていないことを確認してください。
読み取り、エクスポート、レンダリングのエラーは、Nuke / NukeX / NukeStudioが外国語の文字や珍しい記号を認識しないことが原因で発生することがあります。これが問題になっている場合は、スクリプトで使用されているパスにこれらのパスが含まれていないことを確認してください。

キャッシュの消去
キャッシュをクリアすると、パフォーマンスの問題や予期しない動作が発生する可能性があります。手順については、「 Nukeキャッシュをクリアする方法 」の記事を参照してください。
NUKESTUDIO
クリアタグ
タグがクリップに適用されていて、これらのタグとエクスポート処理の間に矛盾があると、エクスポートエラーが発生することがあります。
タグをクリアするには、次の手順に従ってください。

1.タイムライン上のすべてのクリップを選択します
2.右クリック> [タグ]> [タグのクリア]
3.エクスポートを再試行



キーワード:ユーザー、トラブルシューティング、Nuke、NukeX、NukeStudio、セーフモード、診断




この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント