サポートチケットを作成する
フォローする

Q100068:バグトラッカーを使う

概要

この記事では、バグトラッカーの仕組みとそれを使ってバグ変更通知を購読する方法について説明します。

詳しくは

バグトラッカーを使用すると、通知を購読することで、既知の製品の問題の一覧を表示したり、バグの状態に対する変更を追跡したりできます。さらに、Bug Trackerはサポートチケットシステムにも統合されているため、サポートチケットが発行されると、チケットの質問に関連する有用なナレッジ記事だけでなく、すべての関連製品バグのリストも表示されます。

バグトラッカーへのアクセス

デフォルトでは、Bug Trackerはアクセスするためにログインすることを要求します。あなたのログインユーザ名とパスワードは、Foundry Webサイトへのログインに使用されたものと同じになります。

サポートポータルにログインしていないと、Bug Trackerのメニューオプションにアクセスできず、次のように表示されます。

blobid0.png

ログインすると、メニューオプションのロックが解除されて表示され、次のことができるようになります。

  • バグを報告
  • バグダッシュボードにアクセスする
  • 各製品の個々のバグデータベースページにアクセスする

blobid1.png

注:バグを報告するときは、遅延を防ぐために、保守契約が添付されている会社の電子メールアドレスを使用することをお勧めします。

バグを報告する

私達はあなたが私達にバグレポートを提供しそして私達が私達のソフトウェアをより良くするのを助けるのを助けるためにあなたがかかる時間を感謝する。バグを報告する最善の方法は、バグ報告フォームを使用することです。

  • [バグを報告 ]の下の[バグトラッカー]メニュー
  • [ 製品のバグを報告したい]を選択して、[リクエストを送信 ]の下にある[サポート]メニュー

バグ報告フォームを使用すると、バグ報告が一貫した方法で確実に取り込まれるため、電子メールよりも優先されます。最終的に、これは問題を迅速に再現するのに必要な情報を私たちが捉えるのを助け、私たちのシステムであなたと他のユーザーのためにバグ報告をより早く利用できるようにします。

サポートチームがバグを受け取った場合は、お客様から提供された情報と再現手順に基づいて、問題の再現を試みます。

問題がバグとして確認された場合は、バグレポートを記録してバグトラッカーに発行し、アップデートを購読することができるリンクを提供します。

バグトラッカーの使用

Bug Trackerには、「 ダッシュボード 」ビューと各製品の個々のバグデータベースページがあります。

ダッシュボード

ダッシュボード 」の下には、利用可能なすべてのバグデータベースのスナップショットが表示されています。各製品のバグエントリもいくつかあります。

Capture.png


[ すべて表示]をクリックすると、製品のバグデータベースページに移動します。

バグデータベースページ

製品の各バグデータベースページには、その製品に対して公開されている既知の問題の全リストが表示されます。たとえば、Nukeバグデータベースは次のようになります。

リストの各バグ記事は次のように表示されます。

  • バグID
  • 状態
  • 暫定ターゲットリリース
  • バグタイトル

ソートオプション

Bug Trackerの製品ビュー内では、列名の横にある上/下矢印を使用して各列をアルファベット順に並べ替えることができます。

注:列の並べ替えは、バグ検索の結果を必要に応じて制限するために、以下に詳述するフィルタオプションと組み合わせることができます。

フィルタリングオプション

右側では、ユーザーには以下の機能があります。

  • 「タイトルで検索 」を使用して、バグのタイトルに含まれるキーワードを検索します。
  • 利用可能なバグステータスの1つで「 フィルタ 」します
  • ターゲットリリース名で検索 」を使用して既存のターゲットリリースの名前を検索します。

mceclip1.png

注: [ タイトルで検索 ]オプションと[ フィルタ ]オプションを組み合わせて、フィルタリングされたバグのリストを取得できます。たとえば、タイトルに「 image 」というキーワードが含まれている現在「 Closed 」のMariバグをすべて検索している場合、結果は次のようになります。


注:
[ ターゲットリリース名で検索]は、他のオプションとは無関係に検索を適用します。結果は、使用されているターゲットリリース名に限定してフィルタリングされます。これは、[ ターゲットリリース ]フィールドの下に表示される正確なバージョンと一致する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント