サポートチケットを作成する
フォローする

Q100036:Nukeでサムネイルを無効にするか、静止フレームに設定することでスクリプトのパフォーマンスを向上させる

概要

この記事では、Nukeで表示されているサムネイルを無効にする方法、またはパフォーマンスを向上させるためにそれらを静的に設定する方法について説明します。

詳しくは

Nukeスクリプトが非常に大きくなる場合はまれに、ノード上の郵便切手を静的に設定するか、パフォーマンスを向上させるためにサムネイルを無効にすることをお勧めします。

基本設定を変更することで、静的切手を持つようにノードを設定することができます。
1. Nukeを開く
2、設定を開く
3. [ノードグラフ]タブに移動します
4. [切手モード]を[静的枠]に設定します。
5. [OK]をクリックします

サムネイルの無効化は、[ノードの読み取り]プロパティを開いて[ノード]タブを選択し、[切手]のチェックを外して、ノードごとに簡単に実行できます。ただし、スクリプト内のすべてのサムネイルを無効にしたい場合は、 'init.py'ファイルを修正する必要があります。これを行うには、次の手順に従ってください。

1. .nukeディレクトリに移動します
2. init.pyファイルが存在するかどうかを確認します
3.テキストファイルを作成していない場合は、名前をinit.pyに変更します。
4.テキストエディタでinit.pyを開き、以下の内容を貼り付けます。

def noPostageStamps():
node = nuke.thisNode()
node ['postage_stamp']。setValue(False)

nuke .addOnCreate(noPostageStamps、nodeClass = "読み取り")

5. init.pyファイルを保存します
6. Nukeを起動して、もう一度スクリプトを開いてみてください

結果:これは、本質的にノードが作成されたスクリプトがロードされたときに、読み取りノード上の郵便切手の設定をオフにしたりお読みください。


キーワード: サムネイル、サムネイル、切手、パフォーマンス、ぬけ

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント