サポートチケットを作成する
フォローする

Q100101:NukeStudioからエクスポートする際の問題

概要

この記事では、NukeStudioから書き出すときに問題が発生した場合の対処法について説明します。

詳しくは

NukeStudioからエクスポートできない場合は、まず次のことをお勧めします。

クリアタグ
タグがクリップに適用されていて、これらのタグとエクスポート処理の間に矛盾があると、エクスポートエラーが発生することがあります。
タグをクリアするには、次の手順に従ってください。

1.タイムライン上のすべてのクリップを選択します
2.右クリック> [タグ]> [タグのクリア]
3.エクスポートを再試行

デフォルトのNukeプリセットでテストする
カスタムプリセットを使用している場合は、Nukeのデフォルトプリセットのいずれかを使用してテストし、問題が解決するかどうかを確認することをお勧めします。

デフォルトのプリセットでテストしたときにエクスポートが機能する場合、これは問題がカスタムプリセットにあることを示しています。それから私達はあなたがあなたが使用しているカスタムプリセットを見直して、以下をチェックすることを勧めます:

- すべてのファイルディレクトリパスが正しく、読み取り/書き込み権限があること
- [コンテンツ]タブの情報は正しいです。つまり、正しい書き込みノードのNukeProjectファイルの内容が確認されています。
- リタイアしたフッテージでエクスポートしたい場合、エクスポートウィンドウで 'Apply retimes'がチェックされていること

ローカルでテストする
すべてのプロジェクトファイルがローカルマシンに存在し、ネットワーク上の場所ではなくローカルディレクトリにエクスポートされていることを確認してください。

代替ファイル形式へのエクスポートテスト
現在別のファイル形式をエクスポートしようとしている場合は、この問題がファイル形式に依存しているかどうかを判断するために、DPX-10bitにエクスポートしてみてください

シーケンスのサイズを小さくする
ときどき長い適合シーケンスがあると、エクスポートに問題が生じる可能性があります。このような場合は、シーケンスを複数のプロジェクトに分割してエクスポートで問題が発生するかどうかをテストすることをお勧めします。

これらの操作を実行しても問題が解決しない場合は、サポートチケットを開いて、この問題と実際に使用しているエクスポートプリセットを示すサンプルプロジェクトをお送りください。
これを行うには、適切なプリセットをエクスポートウィンドウの[プロジェクトエクスポートプリセットの使用]ボックスにドラッグアンドドロップしてから、プロジェクトを保存して送信します。

サポートチケットを開く方法の詳細については、「 サポートポータル使用 」の記事を参照してください。

考えられる回避策のワークフロー


上記の手順をすべて実行してもまだNukeStudioからエクスポートできない場合は、次の手順を実行してプロジェクトをエクスポートすることもできます。

1.プロジェクトを開き、エクスポートウィンドウに進みます。
2.使用しているプリセットで、トランスコードイメージの「コンテンツ」を選択します。

3.次に、[コンテンツ]タブで[Keep Nuke Script]がオンになっていることを確認します。
4.エクスポートを選択します
5.エクスポートは失敗する可能性がありますが、エクスポートディレクトリの場所に移動した場合は、「。nk」ファイルが作成されているはずです。
6.この「.nk」ファイルを開き、書き込みノードからレンダリングします。
結果 :失敗したシーケンスのエクスポートに一致するレンダリングが生成されます。


キーワード:
エクスポート、クイックタイム、タグのクリア、プリセット

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント