Q100091:で複数のフレームをレンダリング Katana GUIモード

フォローする

概要

この記事では、Pythonを介しKatana複数のフレームをレンダリングする方法について説明します。

詳しくは

Katana UI内での複数のフレームのレンダリングは現在サポートされておらず、このために推奨されるワークフローはバッチモードでのレンダリングです。バッチレンダリングコマンド内で、「-t」引数を使用して、プロジェクトレンダリングのフレーム範囲を指定できます。

そうは言っても、現在、Pythonを介しKatana内でレンダリングをトリガーすることが可能です。これは、既存のプロジェクトで次の例を使用するか、 Katana File.Load(yourKatanaScene)コマンドを使用してPython実行の一部としてプロジェクトをロードすることで実行できます。


The StartRender command only supports rendering one frame at a time, however, you can render multiple frames by iterating through your frame range and executing new StartRender commands each time. This allows you to render the full desired frame range in UI mode.

To do this you need to replace the following command

 RenderManager.StartRender( ' diskRender '、node = RenderNode、settings = renderSettings)
次のようなループスルーコマンドを使用します。

diskRender', node=RenderNode, settings=renderSettings)

注: 「バッチ」モードでレンダリングを起動する前にKatanaプロジェクトを変更する場合は、上記の情報を使用して、「script」モードでKatana

参考文献

GUIの外部またはレンダーファームを介して複数のフレームをレンダリングするには、 Katanaバッチモードを使用できます。詳細とコマンドの例は、 Katanaオンラインヘルプの[シーンのレンダリング]> [バッチレンダリング]セクションに含まれています。

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください