サポートチケットを作成する
フォローする

Q100022:セーフモードでMariを起動

概要

この記事では、Mariをバージョン3.0以降のすべてのオペレーティングシステムで使用可能なさまざまなセーフモードで実行する方法を説明します。

詳しくは

バージョン3.0v1以降では、Mariは--safe--saferのスタートアップモードを含みます。これはNukeと同様に、ログレベルが異なり、Mariの実行時に問題を診断するのに役立ちます。

Mariがこれらのモードで実行されると、レベルに応じて、カスタム設定やサードパーティ製プラグインのない新しいインストールバージョンのように実行されます。

これらのセーフモードは、以下に説明するように、いくつかのオプションを実行します。

望みであれ 、-- safeまたは--saferの下にグループ化されたものではなく、個別のセーフモードオプションを実行することを選択できます。これを行うには、-- safeコマンドの後にオプションに指定された番号を入力します。

これらは「最大まで含む」方式で機能するため、-- safe = 3を選択すると--safe = 1および--safe = 2も実行されます (事実上、 --safeコマンドを実行するのと同じ動作) 。

個別のセーフモードオプションは次のとおりです。

--safe = 1起動Pythonスクリプトを無効にします。

--safe = 2ユーザーカスタムプラグインを無効にします。

--safe = 3ユーザのPythonライブラリをバイパスし、-- safeと同じです。

--safe = 4ユーザー設定を省略します。

--safe = 5ユーザー環境変数を省略し、 -- saferと同じです。


Mariの新しいバージョンでは、Safeのデバッグレベルを拡張しました。まれに、上記の5つの状態を超えてさらにデバッグが必要な場合は、 Mariオンラインヘルプでこれらの新しいモードが無効にしているものに関する詳細情報を見つけることができます。

これらの詳細なデバッグモードを実行するかどうかわからない場合は、 Supportに連絡してアドバイスを求めてください。

起動手順

--saferフラグを使用して、コマンドプロンプトまたは端末からMariをより安全なモードで起動できます。正確な手順は以下の通りです。セーフモードのために--saferの代わりに--safeを追加することに注意してください、すなわちMari3.2v1 --safe

Windows:
コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。
C:¥Program Files¥Mari3.2v1¥Bundle¥bin¥Mari3.2v1.exe - 安全

OSX:
「アプリケーション」>「ユーティリティ」から端末を開き、次のコマンドを実行します(これはすべて1行になるはずです)。
/Applications/Mari3.2v1/Contents/MacOS/Mari3.2v1 - 安全
または
/Applications/Mari3.2v1/Mari3.2v1.app/Contents/MacOS/Mari3.2v1 --safer

Linux:
端末で以下を実行してください。
/usr/local/Mari3.2v1/mari --safer

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
7人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント