サポートチケットを作成する
フォローする

Q100242:Windows用の Katana

概要

Katanaを起動し、利用可能なさまざまなレンダラープラグインを操作するには、いくつかの環境変数が正しく設定されていることを確認する必要があります。現在、これらの環境変数を管理する最も簡単な方法は、ランチャーバッチスクリプトを使用してKatanaを起動することです。

この記事では、さまざまなレンダラープラグインをすべてカバーし、すぐに使用できるスクリプトの例を以下に示します。コメントが豊富で、ワークフローで不要なレンダラープラグインへの参照を削除するだけで済みます。

注:このスクリプトで使用されるさまざまなコンポーネントでパスが異なる場合は、それらのパスをシステム上の正しい場所に更新する必要があります。

まだWindowsにKatanaをインストールしてライセンスを取得していない場合は、 『Installing on Windows User Guide』を参照してください。

ランチャースクリプトの構成

このスクリプトを変更して使用する方法については、次の手順に従ってください。

  1. 以下のスクリプト(ランチャーバッチスクリプトの例)の内容をコピーして、メモ帳などのテキストエディターに貼り付けます。
    サンプルファイルも添付されていますので、添付のバッチスクリプトをダウンロードしてください。 .batファイルを編集するには、ファイルを右クリックして[編集]を選択します。
  2. スクリプトを注意深く読み、指定されたパスがマシン上で同じであるかどうかを確認します。そうでない場合は、正しい場所を指すように更新します。
  3. レンダラーやカスタムスクリプトなど、使用しないツールに固有のセクションを削除します。
  4. ファイルとして保存Katana 3.6v2.batと密接に。
  5. ここで、.batファイルをダブルクリックするか、右クリック> [開く]をクリックしてコマンドを実行し、必要なすべての環境変数を設定してKatana

    たとえば、Pythonタブで次のコマンドを実行することにより、それらが正しく設定されているかどうかを確認できます。


    This should print the paths you have added to KATANA _RESOURCES in the launcher script. 
  6. デスクトップアイコンをクリックしてKatanaを起動する場合は、次の方法でこれを追加できます。
  • .batファイルを右クリック> [ショートカットの作成]。
  • デスクトップに作成されたショートカットを配置します。
  • ショートカットを右クリック> [プロパティ]> [ショートカット]タブ> [アイコンの変更...]
  • .batファイルにアイコンが含まれていないという警告が表示される場合があります。 [OK]をクリックすると、別の場所からアイコンを選択するオプションが表示されます。
  • [参照...]をクリックして、 Katanaインストールディレクトリ(KATANA_ROOT)を参照します。ファイルWindowsIcon.icoを選択し、[開く]をクリックします。プロパティウィンドウを閉じるには、[アイコンの変更]ダイアログボックスと[OK]を閉じるには、[OK]をクリックします。

    これKatana Katanaランチャースクリプトのショートカットがデスクトップで利用できるようになります。

KATANAランチャースクリプト

主要なKATANA環境変数

KATANA Katanaインストールディレクトリを指している必要があります。
PATHは、実行可能プログラムが配置されているディレクトリを指定するWindowsシステム変数です。
KATANA _RESOURCESは、プラグインやその他のカスタマイズ(シェーダーなど)を探すためのパスのリストを提供します。 Katanaインストールガイドを参照してください。

いくつかのバッチファイルコマンドの説明

remはコメントをマークします。このコマンドで始まる行は、Windowsがスクリプトを実行するときに無視されます。
@echo offは、コマンドプロンプトで実行されたコマンドの表示を無効にします。
setは、環境変数を設定するコマンドです。複数のパスはセミコロン( ; )で区切ることができます。

最後の行
「%KATANA_ROOT%\ bin \ katanaBin.exe」は、 Katana実行可能ファイルを実行します。 Katanaによって実行されたコマンドをエコーするコマンドプロンプトが表示されます。

ランチャーバッチスクリプトの例

@エコーオフ
rem --------------------------------------------
rem --------このスクリプトの使用方法------------
rem --------------------------------------------


REM - KATANA特定のセクションのショーあなたがどのように使用できるかについていくつかの例KATANA _RESOURCES環境変数を-

REM - KATANA _rootはあなたを指している必要がありKatanaインストールディレクトリ。 -
REM - KATANAのために、起動時にロードされるものを_RESOURCESドライブKATANA 。これは、商用レンダラープラグインのようなカスタムと非カスタムの両方のツールとプラグインをロードする方法です-
rem --DEFAULT_RENDERERは、Renderexporttingsノードでデフォルトでどのレンダラープラグインが期待されるかを駆動する環境変数です。 -

rem-インストールしていない、または同時に使用したくないレンダラーの設定を削除します。 -
rem-環境変数に対するさまざまなレンダラープラグインの要件が変更される可能性があります。 -
rem-最新の情報については、特定の各レンダープラグインのインストール手順を参照してください-


rem --------------------------------------------
rem ------------ KATANA Specific ---------------
rem https://learn.foundry.com/katana/dev-guide/EnvironmentVariables.html
rem --------------------------------------------

「KATANA_TAGLINE = FoundrySupport」を設定します

KATANAのインストール場所を定義し、PATHにバイナリを追加します-
「KATANA_ROOT = C:\ ProgramFiles \ Katana3.6v2」を設定します
「PATH =%PATH%;%DELIGHT%\ bin」を設定します

rem-PyMockアセットプラグインのようなサンプルプロジェクトをKATANA
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%;%KATANA_ROOT%\ plugins \ Resources \ Examples」を設定します

rem-この行は、カスタムシェルフスクリプトを取得する方法の簡単な例です-
rem https://learn.foundry.com/katana/current/Content/tg/shelf_item_scripts/shelf_item_scripts.html
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%; C:\ path \ to \ katana_shelves」を設定します
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%; C:\ path \ to \ katana_tools」を設定します

rem-デフォルトで使用するレンダラーに一致するようにこれを変更します。 (arnold、prman、vray、dl)-
「DEFAULT_RENDERER = dl」を設定します


レム!!!!!!!!!!!!!使用しないツールを以下のセクションから削除してください!!!!!!!!!!!!!


rem --------------------------------------------
rem ----------- 3Delight固有--------------
rem https://www.3delight.com/documentation/display/3DFK/Installation
rem --------------------------------------------

rem-メインの3Delightパッケージがインストールされている場所-
「DELIGHT = C:\ ProgramFiles \ 3Delight」を設定します

rem-PATHに3Delightbinフォルダーが必要です-
「PATH =%PATH%;%DELIGHT%\ bin」を設定します

KATANAプラグインの3Delightの場所-
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%;%DELIGHT%\ 3DelightForKatana」を設定します


rem --------------------------------------------
rem -------------アーノルド固有--------------
rem https://docs.arnoldrenderer.com/display/A5KTN/Installation
rem --------------------------------------------

rem-KtoAプラグインをインストールした場所-
「KTOA_HOME = C:\ ProgramFiles \ ktoa \ ktoa-3.0.4.2-kat3.6-windows」を設定します

rem-PATHにKtoAbinフォルダーが必要です-
「PATH =%PATH%;%KTOA_HOME%\ bin」を設定します

rem-これはKtoAプラグインをロードする方法です-
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%;%KTOA_HOME%」を設定します


rem --------------------------------------------
rem --------- RenderMan23固有------------
rem https://rmanwiki.pixar.com/display/RFK23/Configure+Katana
rem --------------------------------------------

rem-RenderMan ProServerのインストール場所-
「RMANTREE = C:\ ProgramFiles \ Pixar \ RenderManProServer-23.4」を設定します

KATANAのPRmanプラグインの場所-
「RFKTREE = C:\ ProgramFiles \ Pixar \ RenderManForKatana-23.4-katana3.6」を設定します

rem-これはRfKプラグインをロードするために必要なものです-
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%;%RFKTREE%\ plugins \ Resources \ PRMan23」を設定します


rem --------------------------------------------
rem ----------- Redshift固有--------------
rem C:\ ProgramData \ Redshift \ Plugins \ Katana \ 3.5v1 \ launchRedshift4Katana.bat
rem --------------------------------------------

rem-RedShiftbinフォルダーの場所-
「REDSHIFT_HOME = C:\ ProgramData \ Redshift \ bin」を設定します

KATANA用のRedShiftプラグインの場所-
「REDSHIFT4KATANA_HOME = C:\ ProgramData \ Redshift \ Plugins \ Katana \ 3.5v1」を設定します

rem-これはRedshiftForKatanaプラグインをロードするために必要なものです-
「PATH =%PATH%;%REDSHIFT_HOME%」を設定します
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%;%REDSHIFT4KATANA_HOME%」を設定します

rem --------------------------------------------
rem -------------- V-Ray固有--------------
rem https://docs.chaosgroup.com/display/VNFK/Installation
rem --------------------------------------------

rem-V-Ray KATANAインストールディレクトリの場所。 -
「VRAY_HOME = C:\ ProgramFiles \ VRay \ vray_adv_41002_katana3.0_x64」を設定します

rem-プラグインをitsefに呼び出す特定の場所-
「VRAY_FOR_KATANA_PLUGINS_x64 =%VRAY_HOME%\ vrayplugins」を設定します

rem-これは、すべてのシェーダーを解析するツールにアクセスするために必要です-
「PATH =%PATH%;%VRAY_HOME%\ RenderBin」を設定します

rem-これはV-Rayプラグインがロードされる方法です-
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%;%VRAY_HOME%」を設定します

rem --------------------------------------------
rem ------------期限固有-------------
rem https://docs.thinkboxsoftware.com/products/deadline/10.1/1_User%20Manual/manual/app-katana.html
rem --------------------------------------------

rem- [リポジトリ] \ submit \ Katana \ Client \ DeadlineKatanaClient.pyのTabs \ DeadlineKatanaClient.pyを含む場所
「KATANA_RESOURCES =%KATANA_RESOURCES%; C:\ KatanaSubmitter」を設定します


レム!!!!!!!!!!!!!スクリプトの一部の削除を停止します。このスクリプトの残りの部分はそのままにしておきます!!!!!!!!!!!!!


rem --------------------------------------------
Katana起動します---------------
rem https://learn.foundry.com/katana/Content/tg/launch_modes/katana_launch_modes.html rem -------------------------------------------- "%KATANA_ROOT%\ bin \ katanaBin.exe"

添付ファイル

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
13人中9人がこの記事が役に立ったと言っています