サポートチケットを作成する
フォローする

Q100221:ネットワーク上の他のサーバーからRLMライセンスの一部を取得する方法

概要

この記事では、RLMサーバーの組み込み転送機能を使用して、メインサーバーからネットワーク上の別のマシンに一連のライセンスを一時的に転送し、そこからフローティングできるようにする方法について説明します。

これは、多数のライセンスを使用していて複数のサーバー間で負荷を分散したい場合や、リモートオフィスの別のプロジェクトで少数のユーザーが使用できるライセンスを維持したい場合に便利です。
注:これは永久的なライセンス転送を要求することと同じではありません、ライセンスはまだ実行し続ける必要がある元のサーバーに結び付けられています。ライセンスを新しいサーバーに永久的に移動する必要がある場合は、 Q100001を参照してください。 自分のライセンスを別のコンピュータに転送できますか。

詳しくは

ネットワーク上の1台のサーバーからすべてのRLMライセンスを移動することは、大部分のライセンス使用状況に適しています。ただし、ネットワーク上で追加のライセンスサーバーを使用したい場合があるかもしれません。
  • メインネットワークに接続されているリモートオフィスのプロジェクトに対して、ライセンスの一部を使用したい
  • 非常に多数のライセンスがあり、元のサーバーに過大な負担がかからないようにするために、別のサーバーを使用してライセンス要求の負荷を共有したいと考えています。
幸いなことに、Foundry Licensing Tools(FLT)に含まれているRLMライセンスサーバーは、そのライセンスの多くを同じネットワーク上の別のマシンに "転送"して、そこからフローティングできるようになっています。基本的に2台目のマシンは元のサーバーから多数のライセンスをチェックアウトしてからネットワーク上の別のライセンスサーバーとして機能します。

転送を設定する方法
これを設定する方法についての説明は、 RLMエンドユーザーガイドの「他のサーバーへのライセンスの転送」の見出しにあります。この一時転送の制限の1つは、トークンライセンス(一括ライセンスで使用される)を転送先サーバーに "転送"できないことです。
2台のサーバー間で負荷を分散する方法
この機能を使用して複数のサーバー間でライセンス要求の負荷を分散させる場合は、次の手順を実行する必要があります。
  1. RLMエンドユーザーガイドの指示に従って転送を設定します 。たとえば、レンダーライセンスの半分を別のサーバーに転送したい場合があります。

  2. 複数のクライアントライセンスファイルを作成するか、次の環境変数を設定して、両方のサーバーを参照するようにクライアントマシンに指示します。

    foundry _LICENSE = 4101 @ originalServer:4101 @ transferServer

    (「orginalServer」はメインライセンスサーバーのホスト名またはIPアドレス、「transferServer」は2番目の転送サーバーのホスト名またはIPアドレスです)

  3. デフォルトでは、クライアントマシンは、サーバーがfoundry_LICENSE変数に表示されている順、またはクライアントライセンスファイルを検出した順にサーバーに接続します。 RLM_PATH_RANDOMIZEという別の環境変数を設定することで、最初にアクセスするサーバーをランダムにすることができます。これは、元のサーバーと転送サーバーの間でライセンス要求の負荷を分散させるのに役立ちます。変数が存在し、値を持っている必要があるので、以下を設定できます。

    RLM_PATH_RANDOMIZE = 1

環境変数の設定に関するガイダンスについては、 Q100015:環境変数の設定方法を参照してください。

あるいは、クライアントマシンの半分を元のサーバーを見るように設定し、半分を転送サーバーを見るように設定することもできますが、上記の設定の利点は、すべてのクライアントマシンがまだ元のサーバーを見ることができるということです。転送サーバーから返却されたライセンスを取得します。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント