サポートチケットを作成する
フォローする

Q100214:NukeStudio / Hieroでバージョン/クリップトークンをエクスポートする

概要

この記事では、エクスポートされたファイル名にクリップバージョンとプロジェクトバージョンのトークンを含める方法について説明します。

詳しくは

NukeStudioとHieroでは、エクスポートしたファイル名に、エクスポートしているクリップの現在のバージョン、または現在作業しているプロジェクトのバージョンを含めることができます。これはプロジェクトのディレクトリやエクスポートを整理するのに非常に役立ちますが、トークンの違いが正しく理解されていないと混乱を招く可能性があります。

使用する主なトークンは次のとおりです。
{バージョン}
{クリップ}

{バージョン}

{version}トークンは、 'Process as Sequence'または 'Process as Shots'オプションを使用してエクスポートするときにも使用できます。また、{version}トークンには、バージョン文字列 'v#'を含めるために使用します。エクスポートダイアログの 'Version'セクション

'Version'トークン番号は、NukeStudioまたはHiero 10.0v4のエクスポートタブの左下隅に定義できます。また、以下のように、ユーザーが純粋に定義したエクスポートにカスタムバージョン番号を付けるために使用できます。

</s></s></s></s></s></s></s></s> </s></s></s></s></s></s></s></s>

これは一般的にタイムライン上のクリップのバージョン番号に関連するようにユーザーが{version}トークンを間違えているところです。これは{version}トークンの目的ではなく、代わりにタイムラインクリップバージョンに{clip}トークンを使用することをお勧めします。


{クリップ}

{clip}トークンは 'Process as Shots'を使用してエクスポートする場合にのみ使用でき、 '処理中のショットで使用されているクリップの名前'を含むファイル名をエクスポートするために使用されます。

これはショットで使用されているクリップの名前を利用するため、コンプコンテナなど、複数のバージョンのクリップを書き出す場合は、書き出されるファイル名にはタイムラインでアクティブな現在のバージョン番号が含まれます。

これがワークフローの例です。

1.「example_clip」という名前のタイムラインにクリップをインポートします
2. [効果]> [コンプを作成]を使用して、このクリップのコンプコンテナを作成します。
3. comp、すなわちgradeなどに変更を加え、compをタイムラインにレンダリングします。
4. compに変更を加え、 'File> Save New Comp Version'を使って新しいバージョンを保存します。
5.新しいバージョンをタイムラインにレンダリングする
6.必要に応じて手順4〜5を繰り返します。
7.タイムライン「example_clip(example_clip_comp> 03)」でコンプコンテナを選択します。
8.エクスポート>ショットとして処理
9. {clip}トークンをエクスポートパスに含める
結果 :トークン{clip}が含まれている限り、どのようにエクスポートパスを設定したかに応じて、エクスポートするクリップのアクティブなバージョン番号がディレクトリ名/ファイル名に含まれます。


バージョン管理の詳細については、 Nukeオンラインヘルプを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント