サポートチケットを作成する
フォローする

Q100203: Nuke <> Mari ブリッジ接続のセットアップ


まとめ

この記事では、ブリッジファイルをインストールした後にNukeMari間の接続を確立する方法について説明します。そのステップを完了していない場合は、を参照してください。
Nuke <> Mari橋設置

NukeからMariプロジェクションを送信するには、次の手順が必要です。

詳しくは

Mariとのブリッジを確立するためNukeのコマンドポートを設定するには、次の手順を実行します。

1. Nukeを開き、[編集]→[プロジェクト設定]→[ Mari
クリック2. Mari中でタブをNuke


3. [有効]チェックボックスをオンにします。有効にすると、 Nukeは指定されたコマンドポートでMariをリッスンします。指定されたポート番号でリッスンできるNukeセッションは1つだけです。ポートがすでに使用されている場合、 Nukeは、詳細オプションの下で、「ポート範囲」で指定された範囲番号内にある別のポート番号をリッスンしようとします。

4. NukeMariが両方とも同じコンピューターで実行されている場合は、「mari host」フィールドを空白のままにし、「localhostonly」オプションがチェックされていることを確認します。 MariからNukeコマンドが正常に送信されると自動的に設定されます。 「ローカルホストのみ」をチェックすると、ローカルマシンからの接続のみをリッスンするようにアプリケーションに指示するため、異なるマシンからの誤った接続を防ぐことができます。ネットワーク全体でNuke <> Mariブリッジを使用する場合は、このオプションをオフにする必要があります。

Mariが受信するように設定されている「nukeコマンドポート」にポート番号を入力します。ポート番号が一致している必要がありMariの「スクリプト」セクションの「コマンドポート」番号のセットMari設定]ダイアログを。この値は、デフォルトが別のアプリケーションによってすでに使用されている場合にのみ変更する必要があります。

6.「maridatadir」入力フィールドで、 NukeからMariにレンダリングおよびエクスポートされるデータに使用されるディレクトリの場所を設定します。

Mariを開き、[編集]→[設定]→[スクリプト]で、[Mariコマンドポート]が有効になっていることを確認します。デフォルトのポート番号は、別のアプリケーションですでに使用されている場合にのみ変更する必要があります。この番号は、手順5で説明したようにNuke設定されたポート番号と一致する必要があります。



NukeMari両方が同じコンピューターで実行されている場合は、「ローカルホストのみ」がチェックされていることを確認します。それらが別々のマシンで実行されている場合は、これをオフにします。

9. Mari Preferenceダイアログで、 Nukeタブをクリックします。マシン名または実行しているコンピュータのIPアドレスを入力NukeしてNukeホストフィールドを。繰り返しますが、 MariNuke両方が同じコンピューターで実行されている場合は、このフィールドを空白のままにする必要があります。 NukeからMari送信されるときに自動的に設定されます。



Nukeがコマンドを受信するように設定されているポート番号を[ポート]フィールドに入力します。この番号は一致している必要がありNukeでコマンドポートセットNuke 「プロジェクト設定]> [下Mari 」。この値は、デフォルトが別のアプリケーションですでに使用されている場合にのみ変更する必要があります。
Nuke Mariの高度な3Dペイントツールを使用してプロジェクションを修正および編集するための迅速で簡単な方法を提供します。上記の手順を実行すると、NukeとMariを使用してプロジェクションを送受信し、両方のアプリケーション間でテクスチャを編集または修正するプロセスを高速化する準備が整います。
使用方法の詳細Nuke <>マリ橋で見つけることができWorkflowドキュメントのためNuke <> Mari橋。

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
9人中4人がこの記事が役に立ったと言っています