サポートチケットを作成する
フォローする

Q100072: Nuke スクリプトが応答しないか遅い

概要

この記事では、Nukeスクリプトが非常に重くなり操作が遅くなった場合の対処方法についてのガイダンスを提供します。

詳しくは

スクリプトが遅くなったり、応答しなくなった場合は、次のようにして遅延の原因を調べて診断するか、現在のパフォーマンスを改善してみてください。
 
トラブルシューティング

スクリプトをセーフモードでテストする
これは、問題が、使用しているカスタマイズ/サードパーティ製プラグインに関連しているのか、それともNuke自体に関連しているのかを判断するのに役立ちます。詳細情報: Q100038:セーフモードでNuke / NukeX / NukeStudioを起動する

スクリプトプロファイリングを有効にしてテストする
これにより、各ノードで費やされた合計処理時間を確認し、潜在的な原因を特定できます。各ノードで費やされる処理時間は以下のように示されます。赤=遅いノード、緑=速いノード
 
スクリプトプロファイリングを有効にしてNukeを起動するには、terminal /コマンドプロンプトから起動するときに-P引数を追加する必要があります。
 
Windows: C:¥Program Files¥Nuke9.0v8¥Nuke9.0.exe -P
OSX: /Applications/Nuke9.0v8/Nuke9.0v8.app/Contents/MacOS/Nuke9.0v8 -P
Linux: /usr/local/Nuke9.0v8/Nuke9.0 -P
 
赤く表示されているノードは、まずスクリプトが高速になるかどうかを確認するために無効にしてから、低い設定で徐々に有効にすることをお勧めします。
 
詳細については、スクリプトプロファイリングに関するオンラインドキュメントを参照してください。

パフォーマンスの向上
サムネイルを無効にする、または静的フレームを設定する
これにより、スクリプト内で発生する処理量を減らすことができます。

詳細情報: Q100036:Nukeでサムネイルを無効にするか、静止フレームに設定することでスクリプトのパフォーマンスを向上させます。

プリコンプノードを使用する
Precompノードを使用すると、ノードツリーのサブセットを別の.nkスクリプトとして保存し、この保存されたスクリプトの出力をレンダリングして、レンダリングされた出力を単一の画像入力としてメインのcompに読み戻すことができます。

Nukeは、作成に使用されたすべてのノードではなく単一の画像入力を処理するだけでよいため、レンダリング時間が短縮されます。
 
詳細については、Precompノードに関するオンラインドキュメントを参照してください。


キーワード:
Nuke 、NukeX、応答しない、遅い、ハングアップ、ハングアップ、セーフモード、スクリプトプロファイリング、プリコンパイル、サムネイル、静的フレーム


この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント