サポートチケットを作成する
フォローする

Q100038:セーフモードでNuke / NukeX / NukeStudio / Hieroを起動する

概要

この記事では、セーフモードでハァハァ、NukeX、NukeStudioまたはHieroを起動する方法を示しています。これは発生する可能性がある問題のトラブルシューティングに役立ちます。

詳しくは

Nukeがセーフモードで実行されると、サードパーティのプラグインやユーザーのカスタマイズは読み込まれず、Nukeのインストールディレクトリの内容を使用してのみ実行されます。

特にカスタムpythonプラグインのロードや起動時のプリセットのエクスポートを防ぎ、〜/ .nukeと$ NUKE_PATHの場所にあるスクリプトやプラグインが実行されるのを防ぎます。 OFXプラグイン(FurnaceCoreを含む)もロードされません。

Nukeのセーフモードは、あなたが遭遇した問題がユーザーのカスタマイズやサードパーティのプラグインによって引き起こされたのか、それともコアNukeインストールで起こったのかを判断するのに役立ちます。

 

起動手順

--safeフラグを指定して、コマンドプロンプトまたは端末からセーフモードでNuke / NukeX / NukeStudio / Hieroを起動できます。正確な手順は以下の通りです。

注:以下のコマンドは、Nuke 10.5v1をセーフモードで起動するためのものです。別のバージョンを実行している場合は、そのコマンドをご使用のNukeのバージョンに変更してください。

注:セーフモードでNukeのさまざまなモードを起動するには、コマンドに--safeを追加します。

  • セーフモードでNukeXを起動するには、単に '--nukex'を追加します。例: Nuke 10.0.exe --safe --nukex
  • セーフモードでNukeStudioを起動するには、単に '--studio'を追加します。例: Nuke 10.0.exe --safe --studio
  • Hieroをセーフモードで起動するには、単に '--hiero'を追加します。例えば、次のようになります。Nuke10.0.exe --safe --hiero

Windows:
コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

"C:¥Program Files¥Nuke10.5v1¥Nuke10.5.exe" --safe


OSX:
「アプリケーション」>「ユーティリティ」から端末を開き、次のコマンドを実行します(これはすべて1行になるはずです)。

/Applications/Nuke10.5v1/Nuke10.5v1.app/Contents/MacOS/Nuke10.5v1 --safe

Linux:
端末で以下を実行してください。

/usr/local/Nuke10.5v1/Nuke10.5 --safe

ヒント:Nukeで利用可能なすべてのコマンドラインオプションを見たい場合は、 '--safe'を '--help'に置き換えてオプションのリストを取得することができます。

次のステップ

セーフモードでNuke / NukeX / NukeStudio / Hieroを起動することで問題が解決する場合は、カスタマイズまたはプラグインが問題の原因と考えられます。

再度問題が発生するまで、すべてのプラグインとカスタマイズを削除して1つずつ再導入することをお勧めします。これにより、問題の原因を特定することができます。

これで問題が解決しない場合は 、サポートチケットを開き、発生している正確な問題とこれまでに行ったトラブルシューティングの手順をお知らせください。

サポートチケットを開く方法の詳細については、 「サポートポータルの使用」の記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
19人中7人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント