サポートチケットを作成する
フォローする

Q100049:非集団的ライセンスの前に集団的ライセンスを使用しない方法

症状

場合によっては、フローティングライセンスサーバーが一括ライセンスと非一括ライセンスの組み合わせを処理しているときに、すべてのライセンスが既に使用されているというメッセージでクライアント側のマシンがライセンスを拒否されることがあります。ユーザーが利用可能であるべきだと思うものと一致します。

原因

クライアント側のマシンにCollectiveからライセンスが割り当てられると、そのマシンに別の製品が実行されている場合でも、そのCollective内のすべての製品ライセンスがそのユーザーに割り当てられます。カウント。
1 Production Collectiveライセンスでは、1台のマシンでNuke Studio、Mari、およびModoを実行できます。

Production Collectiveライセンスを使用するマシンは、Collective内の製品の一部または全部を同時に実行することができます。また、それぞれのインスタンスをいくつでも実行することができます - マシンのリソースによってのみ制限されます。

x個のProduction Collectiveライセンスを所有する目的は、Nuke Studio、Mari、およびModoをx個のマシンに提供することです。そのため、どちらの製品にも適しています。したがって、4つのProduction Collectiveライセンスがある場合は、4つのマシンでNuke Studio、Mari、およびModoを実行できます。
1 Creation Collectiveライセンスでは、Modo、Mari、HieroPlayerを1台のマシンで実行できます。

Creation Collectiveライセンスを使用するマシンは、Collective内の製品の一部または全部、およびそれぞれのインスタンスをいくつでも実行することができます - マシンのリソースによってのみ制限されます。

x個のCreation Collectiveライセンスを持つ目的は、Modo、Mari、およびHieroPlayerをx個のマシンに提供することです。そのため、どちらの製品にも適しています。したがって、4つのCreation Collectiveライセンスがある場合は、4台のマシンでModo、Mari、およびHieroPlayerを実行できます。

解決

ライセンスマネージャは、ライセンスファイルで見つかった順にライセンスを割り当てます。 Production CollectiveまたはCreation Collectiveのライセンスは、おそらくサーバーのライセンスファイルの最後のライセンスにする必要があります。そのようにして、他の非集団ライセンスの1つが利用可能であり、クライアントのニーズを満たすことができる場合、それは集団の前に割り当てられます。


ライセンスファイルを編集して、プレーンテキストを使用して同じファイル名で保存することができます。 FLU Diagnosticは、それがどこにあるのか、そしてそれがどのように見えるのかをあなたに示します。


更新されたファイルを読み取るためにFLUを使用してRLMサーバーを停止して始動します。

割り当て方法は他にもあります。ユーザーまたはユーザーのグループを定義し、それらのユーザーまたはグループの特定のライセンスを含める、除外する、または予約する行をオプションファイルに追加する方法です。

オプションファイルの構文は、サーバーのFoundry License Tools(FLT)インストールに含まれているRLMのドキュメントで説明されています。

../TheFoundry/LicensingTools7.x/Docs/RLM_Enduser.html

サーバーのFLTインストールにすでにオプションファイルがあります。デフォルトではTIMEOUTALL行しかありません。診断はそのファイルも示します。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント