サポートチケットを作成する
フォローする

Q100047: ライセンスローミング-ネットワークからフローティングライセンスを使用する方法

まとめ

通常、フローティングライセンスは、マシンがライセンスサーバーと同じネットワーク上にある場合にのみ使用できます。ただし、RLMライセンスにはローミング機能があり、ライセンスが数日間チェックアウトされるため、マシンをネットワークから切り離して/オフラインにして、アプリケーションを引き続き使用できます。この機能は、各アプリケーションのソフトウェアベンダーが有効にする必要があります。

Foundryは現在、アプリケーションにライセンスローミングを追加し、ローミング対応のフローティングライセンスを発行しています。現在、Modo(バージョン12.2v2以降)とNuke (12.2v1以降)で利用できます。他のアプリケーションに追加することを検討しています。

注:ローミングは、アプリケーションのすべてのフローティングライセンスでローミングが有効になっている場合にのみ有効になります。アプリケーションのローミングライセンスと非ローミングライセンスが混在している場合、サーバーからのローミングは無効になります。ご不明な点がございましたら、サポートチケットをご用意ください。

ライセンスをローミングする方法

ライセンスをローミングするためのコントロールは、ローミングが有効なライセンスを使用している場合、アプリケーションの[ライセンス]ウィンドウで使用できます。ライセンスは、ローミングの有効期限が切れるとサーバーに返されます。または、ネットワークに再接続し、アプリケーションライセンスウィンドウの[ローミングに戻る]ボタンを使用して、ライセンスを早期に戻すことができます。サーバー自体からローミングをキャンセルしたり、ローミングを返したりすることはできません。

ローミング対応の各アプリケーションの詳細な手順は、次の記事に記載されています。

注:オフラインの場合にのみローミング対応バージョンを実行できます。ライセンスをローミングしてから、古い非ローミングバージョンをオフラインで実行することはできません。

ライセンスサーバーで実行されているRLMWebサーバーからライセンスがローミングされているかどうかを確認できます。 Q100211: RLMサーバーから利用可能なライセンスを確認する方法

ローミング動作を制御する方法

デフォルトでは、ローミングが有効なすべてのライセンスは、互換性のあるアプリケーションを実行しているネットワーク上の任意のユーザーまたはマシンによってサーバーからローミングできます。

以下のコマンドを「foundry.opt」オプションファイルに追加することで、サーバー上のライセンスローミングへのアクセスを制御できます。オプションファイルの使用方法と編集方法に関する情報は、 Q100107:さまざまなユーザーまたはマシンのライセンスを予約する方法にあります。

  • 「ROAM_MAX_DAYSnumproduct 」を使用して、ライセンスをローミングできる期間を制限できます。たとえば、 Modoライセンスのローミングを20日に制限するには、次のように追加します。

    ROAM_MAX_DAYS 20 modo _i

  • 「ROAM_MAX_COUNTnumproduct」を使用して、ローミングできるライセンスの数を制限できますたとえば、20個のNukeXライセンスを持っているが、一度に最大5個のライセンスをローミングできるようにしたい場合は、次のように追加します。

    ROAM_MAX_COUNT5 nuke _i
    ROAM_MAX_COUNT 5 nukex _i

  • ライセンスローミングは、「INCLUDEALL_ROAM user | host | group | host_group | internet | internet_group | projectwho 」を使用して、指定したユーザーまたはマシンのみに制限できます。4人のユーザーのグループのみにライセンスローミングを使用できるようにする場合は、グループを作成する必要があります。次に、次のようにそれらを含めるコマンドを追加します

    グループバグジョンポールジョージリチャード
    INCLUDEALL_ROAMグループのバグ

  • 名前付きユーザーまたはマシンが「EXCLUDEALL_ROAMuser | host | group | host_group | internet | internet_group | projectwho 」でライセンスをローミングできないようにすることができます。一連のマシンがライセンスをローミングできないようにする場合は、最初にHOST_GROUPを作成してから、次のようにEXCLUDEALL_ROAM行を追加します。

    HOST_GROUP temp_workstations temp_vfx01 temp_vfx02 temp_vfx03 temp_vfx04
    EXCLUDEALL_ROAM host_group temp_workstations

参考文献

Q100583:ライセンスサーバーからModoライセンスをローミングする方法

Q100584:サーバーからNukeライセンスをローミングする方法

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
13人中7人がこの記事が役に立ったと言っています