サポートチケットを作成する
フォローする

Q100047:ライセンスサーバーのネットワークからフローティングModoライセンスを使用する-ローミングライセンス

概要

RLMライセンスは、クライアントマシンがサーバーから長期間ライセンスをチェックアウトし、マシンをサーバーのネットワークから切断する機能を提供できます。これは、ライセンスローミングと呼ばれます。
この記事では、Modoのライセンスローミング機能に関する情報を提供します。

詳しくは

このライセンスローミング機能を機能させるには、ソフトウェアベンダー(ファウンドリなど)で有効にする必要があり、ローミング対応ライセンスが必要です。
Modo 12.2v2のリリースにより、この機能をModoで使用できるようになりました。以前のバージョンのModoにはライセンスをローミングする機能がありません。
この機能にアクセスするには、ローミング対応のフローティングライセンスが必要です。この機能は、メンテナンスの更新時に既存のお客様のModoフローティングライセンスに追加されます。

注:
すべてのフローティングModoライセンスがローミングを有効にしている場合にのみ、ローミングが有効になります。ローミングと非ローミングのフローティングライセンスが混在している場合、サーバーからのローミングは無効になります。ご質問がある場合は、サポートチケットを提出してください。
すべての非ローミングフローティングライセンスの場合、ライセンスを引き続き使用するには、プログラムを実行しているクライアントマシンとライセンスサーバーマシン間のアクティブなネットワーク接続が必要です。接続が切断されるか、マシンがオフラインになると、Foundryプログラムは実行されなくなります。

ライセンスをローミングする方法

Modoを起動し、メニューから[ヘルプ]> [ Modoライセンス]をクリックすると、ライセンスでローミングが有効になっているかどうかを確認できます。ライセンスステータス情報には、ローミングが有効かどうかが示されます。
roaming_disabled.pngroaming_enabled.png
有効になっている場合は、次を実行してライセンスをローミングできます。
  1. Modoを起動し、「ヘルプ> Modoライセンス」をクリックします
  2. オフラインにする必要がある日数を入力し、「ローミング」をクリックします
  3. その後、マシンをオフラインにして、指定された日数の間ライセンスを使用できます。その後、ライセンスは自動的にサーバーにチェックインされます
ライセンスを早期に返却する場合は、Modoを再度起動し、「ヘルプ> Modoライセンス」に移動して、「Return Roam」をクリックします。 [Return Roam]ボタンは、既にライセンスをローミングしてからModoを再起動した場合にのみ表示され、ライセンスをローミングした同じModoセッションには表示されないことに注意してください。
roaming_return_roam.png

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
10人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント