サポートチケットを作成する
フォローする

Q100197:OCIO構成ファイルを介した[モニター]タブの色空間の変更とカスタマイズ

概要

Katana [モニター]タブに表示される画像は、さまざまな表示変換を適用して表示できます。これらの変換は、OCIO構成でデバイス固有のルックアップテーブル(LUT)として定義されます。

この記事では、さまざまな事前定義されたLUTを選択する方法と、カスタムOCIO構成をKatana追加して使用可能なLUTのリストを拡張する方法について説明します。

詳しくは

Katanaは、線形の色空間で内部的に機能します。シーンがプレビューレンダリングされると、シーン線形の色空間でレンダリングされ、フィルムルックの視覚化を使用して[モニター]タブでプレビューされ、最終的なディスプレイデバイスで表示される画像を確認できます。

各ディスプレイデバイスには、画像を表示するさまざまな方法を提供するいくつかの「ビュー」があります。画像にさまざまなLUTを適用するように定義されている表示オプションは、 [モニター]タブの下部にある[フィルムルックの視覚化]ドロップダウンにあります。

mceclip0.png

デフォルトでは、これらのビューの限られた数が定義され、OCIO構成でアクティブになっています。このリストにさらにオプションを追加するには、 config.ocioファイルの「displays」セクションに追加します。

セットアップ

手動で、OCIO構成ファイルをカスタマイズする

これを実現するには、次のようにします。

  1. OCIO構成ファイルを見つけます。これはデフォルトで$ KATANA _ROOT \ etc \ ocio \ nuke-defaultにあります

  2. ホームフォルダなどの便利な場所にOCIOというフォルダを作成し、config.ocioファイルとlutsフォルダをその中にコピーします。

  3. config.ocioを編集します。たとえば、「ビュー」として定義されたカラースペースを「ディスプレイ」セクションに追加します。

    表示:

    デフォルト:
    -!<表示> {名前:なし、色空間:生}
    -!<表示> {名前:sRGB、色空間:sRGB}
    -!<表示> {名前:rec709、色空間:rec709}
    -!<表示> {名前:rec1886、色空間:Gamma2.4}
    -!<表示> {名前:AlexaV3LogC、色空間:AlexaV3LogC}

  4. あなたにカスタムOCIO構成を使用するにはKatana 、セッションOCIOフォルダconfig.ocioファイルを指すようにOCIO環境変数を設定し、その後、起動Katana

    この環境変数の設定方法は、 Katana起動方法によって異なります。例えば:

    Linux
    ターミナルを開き、次のように入力します


    OCIO = home / OCIO /config.ocioをエクスポートします

    次に、同じ端末からKatanaを起動します。


    ウィンドウズ
    コマンドプロンプトを開き、次のように入力します


    「OCIO = C:\ your.user \ .katana \ OCIO \ config.ocio」を設定します

    次に、コマンドプロンプトからKatanaを起動します。



プログラムで、Pythonコマンドを使用して

次の例のようなPythonコードを使用して、構成ファイルを編集せずにOCIO構成をカスタマイズすることもできます。

OCIO.SetCurrentConfig(cfg)

このコードが$ KATANA_RESOURCES / Pluginsディレクトリに配置されている場合、起動時に実行され、設定されたビューがデフォルトのOCIO構成に追加されます。

OCIOのカラーマネジメントの詳細については、以下を参照してくださいKatanaにオンラインヘルプを色管理 OpenColorIO標準OpenColorIOのPython APIを

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています