サポートチケットを作成する
フォローする

Q100192: Nuke 100%ですべてのCPUスレッドを失速させて最大にする

症状

既知のバグのために、Nukeはいくつかのマシンで、すべてのCPUスレッドを100%で失速させ、最大にするかもしれません。同様の問題が発生した場合は、以下の手順に従って、Nukeの将来のバージョンで修正が利用可能になるまで問題を回避してください。

原因

この問題はまだ調査中ですが、予備的な結果は、問題がNukeの内部キャッシングの方法とNukeプロセスがCPUスレッドにアクセスするタイミングに関連していることを示しています。

これはバグとして記録され、あなたはその進行状況を追跡し、以下のURLから通知を購読することができます。

TP 235708 - Nukeキャッシングが一部のマシンでブロックすることがある

このバグが再現されている主なオペレーティングシステムはWindowsです。他のOSで同じ問題が発生した場合は、上記の[チケットの作成]ボタンを使用してサポートチームに連絡してください。

対策

このバグの原因はスレッドのタイミングに関連しているため、それに影響を与える可能性があるNukeパラメータを変更すると、その間の問題を回避する方法が提供される可能性があります。

これも:

  • Nukeが-mフラグを使用して使用できるスレッドを制限する:これは、次のコマンドを使用して(ターミナル/コマンドプロンプトで)コマンドラインからNukeを起動することによって実行できます。

"C:¥Program Files¥Nuke10.0v4¥Nuke10.0.exe" -m 3

スレッド制限についての追加情報はここにあります: Q100117:スレッド数を制限したNukeの起動(-mフラグ)

システムによっては、問題が発生するまで使用できるスレッドの最大数は異なります。正確な制限を特定するまで、異なる-m値をテストする必要があります。

WINDOWSのみ

  • WindowsタスクマネージャでNukeプロセスの優先順位を設定する:以下のスクリーンショットで、これをRealtimeに設定します。

  • WindowsタスクマネージャでNukeプロセスのアフィニティを変更する:すべてのCPUを使用しないようにこれを変更します。
  • QuicktimeのアンインストールQuickTimeをアンインストールし、古いバージョンをインストールします。たとえば、現在7.7.9を使用している場合は、それをアンインストールして代わりに7.7.6をインストールできます。 Quicktime 7.7.6をここからダウンロードできます。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
13人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント