サポートチケットを作成する
フォローする

Q100182: MODO フラグメントをエクスポート/バックアップする方法

まとめ

この記事では、メインの設定ファイルが破損して削除する必要がある場合、またはホットキーを新しいバージョンのMODOに移動したい場合に、構成ファイルのフラグメントをバックアップする方法について説明します。

詳しくは

メインの構成ファイルは次の場所にあります。

Windows: C:\ Users \ <USER> \ AppData \ Roaming \ Luxology \ MODO14.1.CFG
OSX: / Users / <USER> /Library/Preferences/com.luxology.modo14.1
Linux:/ home / <USER> /。luxology / .modo14.1rc(これは隠しファイルです)

デフォルトでは、これには、レイアウト、ホットキー、マウスマッピング、設定など、アプリケーションに対して行われたすべてのユーザー変更が保存されます。

メイン構成ファイルの特定のフラグメントを追加の個別のファイルにエクスポートするオプションがあります。次に、これらはメイン構成によって参照され、確実に読み取られます。

Modoセッションで行われた変更のみが含まれることに注意してください。

構成フラグメントをエクスポートする方法

  1. MODOを起動し、[ファイル]メニューの[構成のエクスポート...]を選択します

  2. これにより、デフォルトでLuxology / Configsに設定されているファイルブラウザが開きます
    • ここに保存すると、 MODOはエクスポートされた構成のこの場所を自動的に読み取ります
    • 他の場所に保存した場合は、今後のメイン構成ファイルで「構成インポート...」コマンドを使用して参照する必要があります。

  3. 名前を付けますが、.CFG拡張子を保持して[保存]を押します

  4. 次の設定で新しいダイアログボックスが表示されます。
    • 構成ファイル名-ファイル名を再度変更できます
    • フラグメント-エクスポートする要素を指定できます
    • ファイルに追加-以前に保存した構成にフラグメントを追加できます
    • 結果のファイルのインポート-構成をすぐにメイン構成にインポートします

  5. 必要に応じて設定を調整し、[OK]をクリックします。次に、構成が作成されます。

MODOで使用するためのフラグメントのエクスポート

新しいメジャーリリースごとに、新しいメイン構成ファイルがあります。これは、デフォルトでは、以前に設定したホットキーやカスタムレイアウトがないことを意味します。 'Config Export'を使用してConfigsディレクトリに保存すると、設定がMODOの他のメジャーバージョンに確実に反映されます。

新機能とバージョン間のUIの変更により、メインの構成ファイルは異なります。設定ファイルの一部の情報はバージョン間で互換性がない場合がありますが、通常は設定フラグメントをエクスポートしても安全です。

安全性を高めるために、これを行うときは、キーマッピングフラグメントと入力マッピングフラグメントのエクスポートに固執してください。

mceclip0.png

さらなるヘルプ

この記事で概説されている手順の実行で問題が発生した場合は、サポートチケットを開いて、発生している問題とこれまでに実行したトラブルシューティング手順をお知らせください。

これを行う方法の詳細については、次の記事を参照してください。 Q1000064:サポートチケットの発行方法。  

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
21人中13人がこの記事が役に立ったと言っています