サポートチケットを作成する
フォローする

Q100207:FlixのlocalParameters PythonファイルをYAMLに変換する。

概要

Flix 5.1以前のバージョンでは、Pythonファイルを使ってカスタムパラメータを保存していました。 Flix 5.2以降はYAMLファイルを使用します。

Flixは自動的にYAMLファイルを作成しますが、その内容が以前のlocalParameters.pyバージョン(Pythonファイル)と一致することを手動で確認する必要があります。

詳しくは

5.1v6以降にアップグレードした後、スタジオ全体のカスタムオーバーライドが保存されるlocalParametersファイルは、同じ場所にあるYAMLファイルに置き換えられました。
 flix App/flixConfig/core
上記のディレクトリには、localParameters.pyと、.tmp拡張子を持つ同等のYAMLがあります。

5.2のインストールプロセス中に、Flixは自動的にPythonファイルに設定されているすべての値を使用しようとし、localParameters.ymlの値をYAMLに変換します。

'core'ディレクトリに入ったら、2つのファイルを開き、pythonの.pyファイルの値と.yml.tmpファイルの値を比較します。 yml.tmpバージョンのすべての値がpython localParametersの値と一致する場合は、Pythonファイルを閉じます。

localParameters.ymlを閉じる前に「ファイル」>「localParameters.yml」として保存します。

Flixの実行中にこれを実行しても、tmp拡張子を削除してもすぐに効果はありません。変更を有効にするには、Flixサーバーを再起動する必要があります。

サーバを再起動した後、ローカルパラメータは.ymlファイルから読み込まれます。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント