サポートチケットを作成する
フォローする

Q100202:共通ディレクトリを使って複数のユーザーのNuke <> Mari ブリッジを設定します

概要

通常、各ユーザは自分のMariインストールから自分のローカルの.nukeディレクトリにファイルをコピーすることによってNuke <> Mariブリッジを設定しなければなりません。その手順はこの記事にあります。

Q100184:Nuke <> Mari bridgeのインストール方法。

次の情報は、すべてのユーザーがアクセスできるネットワーク上の場所にNuke <> Mariブリッジファイルを設定するために必要な手順を示しています。

詳しくは

Nuke <> Mariブリッジを有効にするpythonファイルは、ユーザーのNUKE_PATHのどこかにある必要があります。
NUKE _PATHは、 Nukeカスタマイズに関連するファイルが格納されている場所を指す環境変数です。詳細については、

ユーザのホームディレクトリ内の標準の.nukeフォルダはデフォルトの場所ですが、そのユーザがNuke <> Mariブリッジを利用できるようにするだけです。このディレクトリの詳細については、
NUKE_PATH環境変数を使用して指すファイルを中央の場所にインストールするだけの場合は、次の手順を実行する必要があります。
1)ユーザーのNUKE_PATH環境変数が中央の場所を指すように設定します。あなたはすでに他のNukeツールを共有するためにこれを設定しているかもしれません。
2)Mariインストールの 'Media / Scripts / Nuke'サブディレクトリ(または、Windowsの場合は 'Bundle \ Media \ Scripts \ Nukeサブディレクトリ)の内容をNUKE_PATHの場所にコピーします。 NUKE_PATHの場所にmenu.pyファイルが既にある場合は、Mariサブディレクトリからmenu.pyの内容を既存のmenu.pyに追加する必要があります。
スクリプトの複数のコピーがNUKE_PATHの複数のフォルダにインストールされていると、問題が発生する可能性があります。各スクリプトのコピーが1つだけ存在するようにしてください。

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント