サポートチケットを作成する
フォローする

Q100200:トラッカーノードの「キーフレームプレビューの読み取り」時のパフォーマンスが遅い

症状

Trackerノードがスクリプトに含まれていると、 Nukeが頻繁に応答しなくなったり、作業が遅くなったりすることがあります。これは、トラッカーノードがキーフレームのプレビューパッチを生成しているときに特に発生します。キーフレームプレビュータスクメッセージは、レンダリングなどの他のタスクを実行するときにも表示され、大幅に速度が低下することがあります。

原因

トラッキング中にViewerウィンドウの上部に表示されるトラッキングキーフレームのプレビューパッチは、アップストリームノードツリーから引き込まれるため、適用されるTrackerノードより上のすべての操作がパッチに適用されます。

Trackerノードより上にキーフレームが多い、またはCPUに負担のかかる操作がある場合は、プレビュー用にパッチを再構築するのに長い時間がかかることがあります。

解決

同様の設定で速度が遅くなっている場合は、トラッキング中にキーフレームプレビューをオフにしてみてください。

次のように設定すると、トラッカーノードの「設定」タブでキーフレームのプレビューを無効にできます。

一般>「ズームウィンドウを表示」 から「しない」

そして

キーフレームトラッキング> "キーフレーム表示" から "なし"(赤で強調表示)

手追跡をしているときは、 「トラックを移動したときに新しいキーを作成する」 (黄色で強調表示 されている)をオフにすることで、キーフレームパッチの作成を無効にできます

これによってNukeが応答しなくなるのを防げないのであれば、UIがフリーズするのはNukeの自動保存機能に関連する可能性があります。詳細については、こちらの記事を参照してください。Q100199:トラッカーノードを含むスクリプトを使用すると、パフォーマンスが低下したりUIがフリーズしたりする

両方の記事に記載されている手順を実行しても問題が解決しない場合は、サポートチケットを開いて、発生している問題とこれまでに実行したトラブルシューティングの手順をお知らせください。

サポートチケットを開く方法の詳細については、「 サポートポータル使用 」の記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください
11人中9人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント