サポートチケットを作成する
フォローする

Q100198:Mac OSX 10.11でのCarbon Component Managerの警告(El Capitan)

概要

この記事では、Mac OSX 10.11(El Capitan)で、NukeでQuickTimeフォーマットをエクスポートするときに発生する可能性があるCarbon Component Managerの警告メッセージについて詳しく説明します。この警告は、Nukeの機能に影響を与えたり、期待通りに機能しなくなったりすることはありません。

詳しくは

Mac OSX 10.11(El Capitan)でNukeを使用すると、Carbon Component Managerに関連するQuickTimeHelper警告が端末に表示され、QuickTimeフォーマットのエクスポート中にエラーメッセージが表示されることがあります。

警告は次のようになります。

2016-10-19 12:58:02.109 QuickTimeHelper-32 [3134:316677] 12:58:02.109警告:140:このアプリケーションまたはそれが使用するライブラリは、オーディオユニットのホスティングに廃止予定のCarbon Component Managerを使用しています。これに対するサポートは将来のリリースで削除されるでしょう。また、これによりホストはバージョン3のオーディオユニットと互換性がなくなります。 AudioComponent.hのAPIに移行してください。

この警告はEl Capitanに固有のものであり、以前のOSXバージョンまたは最新のMac OSXリリース(Sierra)には表示されません。

時折、この警告は 'Apple ProRes 4444 MOV'の ようなフォーマットをエクスポートするときにエクスポータがエラーを投げることにつながるかもしれません 。エラーにもかかわらず、エクスポートは通常正常に完了し、Nukeの機能は影響を受けません。

Nukeのエラーメッセージの一般的な概要はこちらにあります: Q100110 Nukeのエラーコードとその意味

同様の警告やエラーが発生し、Nukeで問題が発生した場合は、サポートチケットを開いて、発生した問題とこれまでに行ったトラブルシューティングの手順をお知らせください。
サポートチケットを開く方法の詳細については、「 サポートポータル使用 」の記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント