サポートチケットを作成する
フォローする

Q100172:OSX El Capitanでの NUKE ビューアのパフォーマンス問題

概要

OSX El Capitan(OSX 10.11)でNukeを実行している場合は、NUKEのビューアでパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

この記事では、NUKE 10で実験的なバグ修正を有効にしてこれらの問題を回避する方法を説明します。

詳しくは

OSX El Capitanがリリースされた後、オーバーレイ要素(ロトウィジェットやトランスフォームジャックなど)をズームまたは移動する際の視聴者のパフォーマンスの問題に気づきました。エンジニアはNUKE 10リリースに先立ってこれらの問題を修正するために働きましたが、残念ながら修正は自明ではなく、NUKE 10リリースに間に合うように他の問題を引き起こすことなくこれらのバグを安全に修正することはおそらく不可能でした。

これらの修正は現在も進行中ですが、これらの未解決の問題のため、El CapitanはNUKEの完全認定プラットフォームではありません。これはNukeチームにとって依然として優先順位が高いので、将来のメンテナンスリリースでこれらの問題を解決できることを願っています。この記事は私達が共有するより多くのニュースがあるとき更新されるでしょう。

あなたが生産にそれらを使用する必要がある場合には注意をしてください NUKE 10の環境変数のカップルを設定することにより、エルキャピタンの問題の進捗バグ修正に仕事をオンにすることは現在可能ですのでご注意くださいこれらの環境変数が可能な実験です。

エンジニアがこれまでに行った変更は、Nukeを実行する前に次の環境変数を設定することで有効にできます。

NUKE _USE_FIXED_UPDATE = 1

ビューアウィジェットが再描画される割合を増やすために設定できる追加の環境変数もあります(60が設定可能な最大値です。これより上の数字は追加の改善を示すことはありません)。

FN_UPDATE_OVERRIDE_FPS = 30


環境変数を設定する方法

単一のNUKEセッションでこれらの変数をテストするには、ターミナルで変数を設定してから、次の手順に従って同じターミナルからNUKEを起動します。

1.ターミナルアプリケーションを開きます。
2.入力:

export NUKE_USE_FIXED_UPDATE=1

3. Enterを押します。
4.同じ端末からNukeを起動します。

/Applications/Nuke10.0v4/ Nuke 10.0v4.app/Contents/MacOS/ Nuke 10.0v4

* Nuke Xを起動したい場合は、--nukexを最後に追加してください。 Nuke Studioに--studio ieを追加します。

NUKEを起動する前に、同じ手順に従ってテスト用に2番目の環境変数を設定してください。

この方法では、同じターミナルウィンドウから起動されたNUKEセッションに対してのみ変数が設定されます。ターミナルウィンドウが閉じられると、環境変数は失われ、新しいターミナルウィンドウでそれを再度設定しなければなりません。

常にピックアップされるように変数を設定する方法については、 Q100015:環境変数の設定方法を参照してください


キーワード: Nuke 、El Capitan、OSX 10.11、視聴者

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント