サポートチケットを作成する
フォローする

Q100015:環境変数を設定する方法

概要

この記事では、サポートされているバージョンのWindows、Mac、およびLinux用に環境変数を設定する方法について説明します。
OSX El Capitanで最近行われた変更は、Mac上で環境変数を設定する方法との互換性を壊していることに注意してください。

WINDOWS
  1. マイコンピュータを右クリックしてプロパティを選択します。
  2. システムの詳細設定タブに進みます。
  3. 環境変数ボタンをクリックします。 [環境変数]ダイアログボックスが開きます。
  4. 現在のユーザーまたはすべてのユーザーのどちらに変数を設定するかに応じて、[ユーザー変数]または[システム変数]の下の[新規]ボタンをクリックします。すべてのユーザーに環境変数を設定するには、管理者権限が必要です。
  5. 「変数名」フィールドに、設定したい環境変数の名前を入力します。
  6. 「変数値」フィールドに、変数の値を入力します。たとえば、値はディレクトリパスにすることができます。
  7. OKをクリックしてください。
メモ :既存のシステム変数を編集したり、ユーザーまたはシステム変数を追加または削除したりする場合は、環境変数への変更を有効にする前に、一度ログオフしてから再度ログオンする必要があります。

OS X

Mac OS Xでは、 launchd.confファイルを使用して環境変数を設定できます。 / etc /ディレクトリにlaunchd.confファイルが存在しない場合は、作成する必要があります。

1)ターミナルウィンドウを開きます。
2)/etc/launchd.confファイルがまだ存在していない場合は作成してから、次の形式を使用して環境変数と値をファイルに追加します。

setenv <VARIABLE> <VALUE>


たとえば、2つの環境変数NUKE_PATHとOFX_PLUGIN_PATHを別の場所を指すように設定するには

setenv NUKE_PATH /SharedDisk/Nuke

setenv OFX_PLUGIN_PATH /SharedDisk/OFX

Nukeが理解できる環境変数のリストについては、 Nuke環境変数を参照してください。

ヒント :ターミナルでファイルを作成および編集するための便利なコマンドラインツールはnanoです。正しい権限でnanoを起動するには、次のように入力します。
sudo nano /etc/launchd.conf
3)起動時にOSにlaunchd.confファイルの読み取りを強制するには、次のように入力します。

launchctl < /etc/launchd.conf; sudo launchctl < /etc/launchd.conf


4)変更を適用するためにMacを再起動してください。
LINUX

1)環境変数を設定する手順は、デフォルトのシェルによって異なります。使用しているシェルの名前を取得するには、ターミナルウィンドウを開き、 echo $ SHELLと入力します。

2)前のステップの出力に応じて、以下のいずれかを実行します。
  • シェルがcshまたはtcshシェルの場合は、ホームディレクトリの.cshrcファイルまたは.tcshrcファイルに次のコマンドを追加します。setenv VARIABLE値VARIABLEを環境変数の名前で、valueを指定したいで置き換えます。例えば、 setenv NUKE_PATH / SharedDisk / Nukeのようになります。
  • シェルがbashまたはkshシェルの場合は、ホームディレクトリの.bashrcファイルまたは.kshrcファイルに次のコマンドを追加します。export VARIABLE = valueVARIABLEを環境変数の名前で、valueを指定したいで置き換えます。例えばexport NUKE_PATH = / SharedDisk / Nukeのようになります。

 



キーワード:環境変数、ぬけ

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
9人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント