サポートチケットを作成する

Q100011:最近のバージョンのOS XにおけるFLEXlmのライセンス問題

概要

最近のバージョンのOSX(OS X 10.8以降)には、一部の製品に含まれるFLEXlmライセンスコードに既知の問題があるため、マシンの有効なFLEXlm SystemIDによってマシンのMACアドレスが切り替わります。
これにより、以前に有効だったライセンスが無効と報告され、Furnace for Nukeライセンス、および古いFLEXlmのNukeライセンス、 CameraTracker for AE、Keylight for FCPのライセンスが影響を受ける可能性があります。

詳しくは

この問題が発生した場合は、 Q100105:ライセンス問題の診断の手順に従ってライセンス診断ファイルを生成し、 Suportチケットを開いてください。これが原因であることを確認したら、問題を回避するためのライセンスを再発行することができます。



キーワード:OSX、マウンテンライオン、システムID、マーベリックス、ヨセミテ、エルキャピタン、FLEXlm

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント