Q100338: Katana インタラクティブ Katana レンダリングライセンスの違い

フォローする

概要

Katanaを起動できるさまざまなモードに必要なライセンスの種類について説明します。

詳しくは

Katanaのライセンスには、インタラクティブライセンス(katana_i)とレンダリングライセンス(katana_r)の2種類があります。必要なライセンスの種類は、 Katanaが起動されるモードによって異なります。


Katanaインタラクティブモード:

Katanaをインタラクティブモード(GUI)で実行するには、 Katanaインタラクティブライセンス(katana_i)が必要です。

Katanaインタラクティブモードは通常、アーティストや技術開発者がプロジェクトを設定または照明し、プレビュー、ライブ、またはディスクレンダリングコマンドを介してレンダリングするために使用されます。

Katana Interactive Modeの詳細についてKatanaオンラインヘルプを参照してください

注: Katanaインタラクティブライセンスを使用すると、ターミナルモード(バッチ、スクリプト、またはシェル)にアクセスできませんKatanaレンダリングライセンスが必要です。

Katanaターミナルモード:

Katanaは、バッチ、スクリプト、シェルモードの3つのターミナルモードがあります。すべてのターミナルモードには、 katanaレンダリングライセンス(katana_r)が必要です。

  • バッチモードは、端末からカナナシーンをレンダリングするために使用されます。
  • KatanaのPython環境でPythonスクリプトを実行するために使用されます
  • シェルモードでは、公開されKatanaターミナルシェルでPythonインタプリタを

注:ライセンスは、ホストごとに1台のマシンで使用されます。バッチモードまたはスクリプトモードのいずれかを使用してレンダーファームでKatanaシーンをレンダリングする場合katana _rライセンスが必要です。

参考文献

Katanaターミナルモードの詳細についてKatanaオンラインヘルプをご覧ください。

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください