サポートチケットを作成する
フォローする

Q100330:色度図を作成する

概要

この記事では、色が物理的な世界でどのように定義されているかについて説明します。これは、次のカラースペース記事の背景読みとして設計されています。

Q100328:カラースペースとは何ですか?
Q100319:Nukeの色空間の使い方は?
Q100327:Nukeの内部「色空間」はどのように機能しますか?

詳しくは


知覚

物体の色は、それがカメラセンサであろうと生物学的な眼であろうと、それを観察している受容体に当たる光の色によって決まる。下の図に示すように、光の色は一般にその波長によって測定されます。

カラースペクトル波長の画像結果

この図は特定の色の完全な明度を示しているので、赤の色が薄くなっているので、ピンクなどの色の変化は得られません。これらは分光色として知られています。

色を測定することができる別の方法は、色相、彩度、および明度であり、これはコンピュータアプリケーションでよく見られ、以下に説明するMusell表色系によって説明される。

Musell Color Systemの詳細については、こちらを参照してください。
http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/vision/colsys.html#c1

光の波長を使用することは、現実の世界で色のスペクトルを記述するのに役立ちますが、人間の目には、可視光と呼ばれるこの小さな部分しか見えません。これを扱う人間の目の中の受容体は、桿体と錐体の受容体細胞です。

人間の目には、約6〜700万個の錐体に比べて、約1億2000万個の桿体があります。

上の図は、目の中の棒と円錐の密度も示しています。円錐密度が最大の中心部は中心窩とも呼ばれます。

ロッドは、低照度/周辺視野用に使用されており、コーンと比較した場合、色や細部についてはあまり正確ではありません。コーンは目の色感度を提供します。ここで、64%は赤(長)波長、32%は緑(中)波長、2%は青(短)波長に使用されます。

下のグラフは、さまざまなコーンのセットが光の波長にどのように反応するかを示しています。

ファイル:CIE 1931 XYZカラーマッチングFunctions.svg

これに関するより多くの情報はここで見つけることができます:
http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/vision/rodcone.html#c3

色度図の生成

コーンがさまざまな波長の光に対してどれほど敏感かという不均衡のため、色の全スペクトルを等しく知覚することはできません。これを知って、私達は人間の目が見ることができる視覚スペクトルの地図を生成することができます。

国際照明委員会(CIE)(Commission Internationale de l'Eclairageと略される)は、1931年にこのような地図を作成しました。これは、目の短、中、および長応答を、真っ黒から無限遠点まで3D空間に投影することによって行いました以下に示すように、(輝度)

結果として得られる円錐の断面は、人間の目と比較した相対的な色度(色の質、明るさとは無関係)を測定するための標準となり、次のような図になります。この図では、曲線の周りの数字は光の波長です。

この特定の例(これは最も一般的であると思われる)は中心窩(眼の中の密集した円錐体からなる小さい中心ピット)の2度の角度間隔で試験され、試験も1964年に10度で行われた。

色度図に関する詳細情報は、以下のリンクにあります。

http://www.efg2.com/Lab/Graphics/Colors/Chromaticity.htm
https://en.wikipedia.org/wiki/Color_model
http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/vision/colper.html#c1

この記事は役に立ちましたか?
/

We're sorry to hear that!

Please tell us why.
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント