Q100272:Linux用の Katana ランチャースクリプトを作成しています

フォローする

概要

Katanaを起動し、利用可能なさまざまなレンダラープラグインを操作するには、いくつかの環境変数が正しく設定されていることを確認する必要があります。現在、これらの環境変数を管理する最も簡単な方法は、ランチャーシェルスクリプトを使用してKatanaを起動することです。

この記事では、さまざまなレンダラープラグインをすべてカバーし、すぐに使用できるスクリプトの例を以下に示します。コメントが豊富で、ワークフローで不要なレンダラープラグインへの参照を削除するだけで済みます。

注:このスクリプトで使用されるさまざまなコンポーネントでパスが異なる場合は、それらのパスをシステム上の正しい場所に更新する必要があります。

LinuxにKatanaをまだインストールしてライセンスを取得していない場合は、 『Installing on Linux User Guide』を参照してください。

ランチャースクリプトの構成

このスクリプトを変更して使用する方法については、次の手順に従ってください。

  1. 以下のスクリプト(ランチャーシェルスクリプトの例)の内容をコピーして、 geditなどのテキストエディターに貼り付けます。サンプルファイルも添付されているので、添付のスクリプトをダウンロードして、お好きなテキストエディタで開いてください。
  2. スクリプトを注意深く読み、指定されたパスがマシン上で同じであるかどうかを確認します。そうでない場合は、正しい場所を指すように更新します。
  3. レンダラーやカスタムスクリプトなど、使用しないツールに固有のセクションを削除します。
  4. ファイルを保存Katana 3.6v2Launcher.shと近いこと。
  5. 次に、ファイルが保存されているフォルダーに移動して入力することにより、ターミナルでファイルを実行します

    This should print the paths you have added to KATANA _RESOURCES in the launcher script.
  6. Katanaを起動するための短いコマンドが必要な場合は、次の方法でこれを追加できます。
  • 通常はホームディレクトリにある.bashrcファイルを見つけて、geditなどのテキストエディタで開きます。
  • 作成した実行可能スクリプトへのパスにエイリアスを関連付けて、下部に行を追加します。

    エイリアスk3.6v2 = '〜/ Documents / Katana3.6v2Launcher.sh'

    ターミナルにk3.6v2と入力すると、スクリプトが実行され、すべての環境変数が設定された状態でKatana

KATANAランチャースクリプト

主要なKatana環境変数

KATANA Katanaインストールディレクトリを指している必要があります。
PATHは、実行可能プログラムが配置されているディレクトリを指定するシステム変数です。
KATANA _RESOURCESは、プラグインやその他のカスタマイズ(シェーダーなど)を探すためのパスのリストを提供します。 Katanaインストールガイドを参照してください。

いくつかのスクリプトコマンドの説明

' 'はコメントをマークします。このコマンドで始まる行は、スクリプトの実行時に無視されます。
exportは、環境変数を設定するコマンドです。複数のパスはコロン( ' ')で区切ることができます。

最後の行( $ KATANA_ROOT / katana )は、 Katana実行可能ファイルを実行します。ていることを確認してくださいKATANA _rootがするフォルダのパスに一致するKatanaインストールディレクトリ。

ランチャーシェルスクリプトの例

#!/bin/bash
# --------------------------------------------
# -------- How to use this script ------------
# --------------------------------------------


# -- The KATANA Specific section shows some examples for how you can use the KATANA _RESOURCES environment variable --

# -- KATANA _ROOT should point to your Katana installation directory. --
# -- KATANA _RESOURCES drives what gets loaded at startup for KATANA . This is how you load tools and plug-ins, both custom and non-custom ones like commercial renderer plug-ins --
# -- DEFAULT_RENDERER is the environment variable that drives which renderer plug-in is expected by default in a Renderexporttings node. --

# -- Delete the settings for the renderers that you do not have installed or do not want to use at the same time. --
# -- The different renderer plug-ins' requirements for environment variables may change. Please refer to the installation instructions for each particular render plug-in for the most up to date information --


# --------------------------------------------
# ------------ KATANA Specific ---------------
# https://learn.foundry.com/katana/dev-guide/EnvironmentVariables.html
# --------------------------------------------

export KATANA _TAGLINE="Foundry Support"
export KATANA _ROOT=/opt/Katana3.6v2

# -- This line loads the example resources that ships with Katana --
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:$KATANA_ROOT/plugins/Resources/Examples

# -- This line is a simple example of how custom shelf scripts can be sourced --
# https://learn.foundry.com/katana/current/Content/tg/shelf_item_scripts/shelf_item_scripts.html
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:/path/to/katana_shelves
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:/path/to/katana_tools

# -- Change this to match the renderer you want to use by default. (arnold, prman, vray, dl) --
export DEFAULT_RENDERER=dl


# !!!!!!!!!!!!! Delete the tools you do not use from the section below !!!!!!!!!!!!!


# --------------------------------------------
# ----------- 3Delight Specific --------------
# https://www.3delight.com/documentation/display/3DFK/Installation
# --------------------------------------------
# -- Please note that 3Delight comes bundled with Katana 3.0+ and can be set up to run without
# -- a specific launcher script at install time --
# -- Source the .3delight_bash or .3delight_csh file from the location where the main 3Delight package is installed--
# -- Please note that 3Delight requires gcc 4.8.3 or higher to run --
# source /usr/local/3delight-2.1.24/.3delight_bash


# --------------------------------------------
# ------------- Arnold Specific --------------
# https://docs.arnoldrenderer.com/display/A5KTN/Installation
# --------------------------------------------

# -- Where you have installed the KtoA plug-in --
export KTOA_ROOT=/Autodesk/ktoa/ktoa-3.0.4.2-kat3.6-linux

# -- Without these KtoA will not function --
export solidangle_LICENSE=5053@your-server
export ARNOLD_PLUGIN_PATH=$KTOA_ROOT/Plugins
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:$KTOA_ROOT
export PATH=$PATH:$KTOA_ROOT/bin

# -- Optional Environment variables --
#export MAYA_PATH=/usr/autodesk/maya2020
#export MTOA_PATH=/opt/solidangle/mtoa/2020
#export PATH=$ARNOLD_PLUGIN_PATH:/path/to/Yeti/bin:${PATH}
#export ARNOLD_PLUGIN_PATH=/path/to/Yeti/bin:$ARNOLD_PLUGIN_PATH
#export KTOA_LOAD_VERBOSITY=debug


# --------------------------------------------
# --------- RenderMan 23 Specific ------------
# https://rmanwiki.pixar.com/display/RFK23/Configuring+Katana
# --------------------------------------------

# --This is the location of the RenderMan Pro Server installation--
export RMANTREE=/opt/pixar/RenderManProServer-23.4

# --This is the location of the PRman plugin for KATANA --
export RFKTREE=/opt/pixar/RenderManForKatana-23.4-katana3.6/plugins

# --These make sure that the programs can be found, shaders loaded, and all components used--
export PATH=$PATH:$RMANTREE/lib:$RMANTREE/bin

# --This is what is required to load the RfK plugin--
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:$RFKTREE/Resources/PRMan23


# --------------------------------------------
# ----------- Redshift Specific --------------
# --------------------------------------------

export LD_LIBRARY_PATH="/usr/redshift/bin:${LD_LIBRARY_PATH}"
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:/usr/redshift/redshift4katana/katana3.5v1

# By default, Redshift "local data" path is set to ~/redshift. 
#export REDSHIFT_LOCALDATAPATH=


# --------------------------------------------
# -------------- V-Ray Specific --------------
# https://docs.chaosgroup.com/display/VNFK/Installation
# --------------------------------------------

# --Location of the V-Ray for KATANA install directory.--
export VRAY_INSTALL_PATH=/opt/chaosgroup/vray_adv_42090_katana3.0_linux_x64_30320

# --Specific location to call out the plug-in to itsef--
export VRAY_FOR_KATANA_PLUGINS_x64=$VRAY_INSTALL_PATH/vrayplugins
export PATH=$PATH:$VRAY_INSTALL_PATH/RenderBin

# --This is how the V-Ray plugin gets loaded--
export KATANA _RESOURCES=$KATANA_RESOURCES:$VRAY_INSTALL_PATH


# !!!!!!!!!!!!! Stop deleting parts of the script. Leave the rest of this script alone !!!!!!!!!!!!!


# --------------------------------------------
# --------------- Start Katana ---------------
# https://learn.foundry.com/katana/Content/tg/launch_modes/katana_launch_modes.html # -------------------------------------------- $KATANA_ROOT /katana

添付ファイル

私たちはそれを聞いて申し訳ございません

理由をお聞かせください